イーハトーヴの森で考える―歴史家から見た宮沢賢治

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6変判/ページ数 80p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309921761
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

出版社内容情報

歴史家色川大吉による、敬愛する作家宮沢賢治論。宮沢賢治の生きた時代、残した作品を読み解きながら現代社会への警鐘を鳴らす。

内容説明

終わりなき、民衆史の旅路へ。第27回イーハトーブ賞受賞・色川大吉が送る渾身のメッセージ。

目次

イーハトーブ賞受賞講演記録
佐々木八郎の遺書と賢治の精神
『修羅と渚―宮沢賢治拾遺』の紹介(民衆史研究の高揚と東北;真壁仁の民衆史;詩作と社会運動;旅をして同志と交わる;『民衆史としての東北』序文;紅花探究の旅;真壁仁の再評価)
イーハトーヴの森で考える―歴史家から見た宮沢賢治(賢治の臨終)
作品を読む(雨ニモマケズ;春と修羅;詩ノート;疾中)

著者等紹介

色川大吉[イロカワダイキチ]
1925年千葉県生まれ。歴史家。東京大学卒業。東京経済大学名誉教授。「民衆史」の開拓、「自分史」の提唱などで注目を集め、水俣病事件調査や市民運動にもかかわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。