エロティック・アートと秘教主義

個数:

エロティック・アートと秘教主義

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月26日 04時46分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309921495
  • NDC分類 702.06
  • Cコード C0095

目次

第1章 現代エロティック・アートの精神地図(ハンス・ベルメール―女身解剖精錬夢;ピエール・モリニエ―狂奔綺淫のシャーマニズム;ジャン・ブノワ―蛮人聖侯爵の残虐夢 ほか)
第2章 ヴィジョン・イン・ブラック(闇夢の随想録)(シュルレアリスムのデンジャラス・コア―現代美術の一分野として見た猟奇殺人;伊藤晴雨の秘蔵写真―残酷への郷愁;藤野一友/中川彩子―幻想サディズムのユートピア ほか)
第3章 妖異闇黒図書閲覧室(アン・ホランダー『性とスーツ』―スーツは男を古典彫像に変える;ジョン・ハーヴェイ『黒服』―濃密なる死を纏う男たち;クリスチアン・シュピール『食人の世界史』―食人の呪わしき幻影 ほか)

著者等紹介

相馬俊樹[ソウマトシキ]
1965年生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科美学美術史学専攻卒業。美術評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

澁澤龍彦、種村季弘らによって伐り開かれた性と闇の文化史を引き継ぎ、現代のエロティック・アートの到達点を描く、孤高の論考集。

相馬 俊樹[ソウマ トシキ]
著・文・その他