ウルトラ怪獣アートワークス 1971‐1980

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 128p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784309921174
  • NDC分類 778.8
  • Cコード C0076

出版社内容情報

「帰ってきたウルトラマン」?「ウルトラマン80」に「G」「パワード」を加えた、円谷プロに現存する全てのアートワークを収録。

中村 宏治[ナカムラ コウジ]
1965年生まれの横浜育ち。映画やTVなどの映像系を経て、プロモデラー、フリーの編集ライターとして活躍している。

MOBSPROOF編集部[モブスプルーフヘンシュウブ]
国内外のエッジの効いた音楽や映画、アニメ、マンガなどのカルチャーに敏感な人たちに圧倒的支持を受けるパンク専門誌「MOBSPROOF」の編集部。

円谷プロダクション[ツブラヤプロダクション]

内容説明

「帰ってきたウルトラマン」~「ウルトラマン80」の円谷プロダクションに現存するウルトラマンシリーズのアートワークがここに集結!制作の裏側まで覗ける怪獣誕生までの画稿資料集!!

目次

帰ってきたウルトラマン
メイキング―怪獣デザインの製作現場
ウルトラマンA
ウルトラマンタロウ
ウルトラマンレオ
ウルトラマン80
ウルトラマンG
ウルトラマンパワード
メイキング―メカニックデザイン画からミニチュアへのステップ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

allite510@Lamb & Wool

9
昭和のウルトラ怪獣のデザインスケッチ集。どこが魅力的かというと、今のオタクエリートたちが創造したものと違って、普通のおっちゃんに近い人々が描いたものだからかもしれない。手抜きっぽいものも混じっていたりはするが、おそらく矜持のありかが今と違うのではないだろうか。今の子供達の描く「ぼくの考えた最強の怪獣」とかの方が、もしかしたらもっとカッコよかったりするかもしれないが、これらのスケッチが、集団作業で実際に着ぐるみになり、多くの子供達に、番組シリーズが延々と続くぐらいの興奮とインパクトを与えたのは確かなのだ。2019/08/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11505370

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。