ふくろうの本<br> 図説 英国貴族の令嬢 (増補新装版)

個数:

ふくろうの本
図説 英国貴族の令嬢 (増補新装版)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月20日 14時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 134p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309762951
  • NDC分類 361.81
  • Cコード C0339

出版社内容情報

19世紀から20世紀初頭の英国。由緒正しい貴族の家に生まれた令嬢たち。華やかに見える彼女たちの日常、その裏側の現実は?

目次

序章 彼女たちの人生
第1章 英国貴族と継承制度
第2章 令嬢の少女時代
第3章 令嬢の社交界デビュー
第4章 令嬢の「ロマンス」
第5章 令嬢の結婚
第6章 貴族夫人のつとめ

著者等紹介

村上リコ[ムラカミリコ]
文筆・翻訳家。東京外語大卒、千葉県生まれ。一九世紀から二〇世紀初頭のイギリスの日常生活、特に家事使用人、女性と子どもの生活文化をテーマとして活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽっか

4
いわゆる「なろう小説」の人気のジャンルとして、異世界転生物/悪役令嬢物と呼ばれるものがある。そこではナーロッパと揶揄される中世ヨーロッパ風の時代が描かれるわけだけど、実際のところ「令嬢」ってどういう存在だったんだろうということで、この本でお勉強。時間単位でどういう生活をしていたかが描かれ、かなり具体的なイメージをもつことができた。いいご身分だなと思うけど、基本的に女性の地位が低く、はっきりとした階級社会であったことが分かる。また19世紀後半以降のイギリス貴族社会の、斜陽の感じ!なるほどな~2021/08/03

masoho

2
なろうで主戦場の令嬢たちの実態を知りたくて読んでみた。実名と絵画も多く載っていてとても興味深い。あんな簡単に婚約破棄できないのがわかる(笑)2021/09/25

takao

1
ふむ2021/06/01

ルンバ

0
よくわかっていなかった女性の爵位継承権についてや、ふんわりだった社交界デビューについて、花嫁学校について、具体的なエピソードや手記を引用しながら図多めで読むことができる。とっつきやすくて、面白かったです。2021/11/06

toriko

0
貴族令嬢の生活が当時の女子の日記や絵画などを参考に紹介されている。図画も多い。2021/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17034362
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。