ふくろうの本<br> 図説 古代ギリシアの暮らし

個数:

ふくろうの本
図説 古代ギリシアの暮らし

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月19日 08時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309762753
  • NDC分類 231
  • Cコード C0322

出版社内容情報

階層、衣食住、娯楽、宗教、祭、結婚、死生観……古代ギリシアの人々の暮らしと生涯に豊富な図版で迫る、決定版ビジュアルガイド。

?畠 純夫[タカバタケ スミオ]
著・文・その他

齋藤 貴弘[サイトウタカヒロ]
著・文・その他

竹内 一博[タケウチカズヒロ]
著・文・その他

内容説明

衣食住から、社会規範、娯楽、性愛、宗教、祭、死生観、そして階層までポリスに生きた多様な人々の日々の暮らしと一生に迫る。古代ギリシアを知るための永久保存版ヴィジュアルガイド!!

目次

第1章 アテナイの景観(アテナイというポリス;アテナイの地理的状況 ほか)
第2章 アテナイ市民の一生(誕生;少年時代・少女時代 ほか)
第3章 ポリスに生きた人々(富裕者たち;商人 ほか)
第4章 日々の生活のなかで(服装・化粧・風呂・トイレ;家具・食器など ほか)

著者等紹介

〓畠純夫[タカバタケスミオ]
1954年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科西洋史博士課程単位取得退学。現在、東洋大学教授。専門は古代ギリシア史

齋藤貴弘[サイトウタカヒロ]
1969年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科史学専攻博士課程所定単位取得退学。現在、愛媛大学法文学部准教授。専門は古典期アテナイを中心とした古代ギリシア史

竹内一博[タケウチカズヒロ]
1978年生まれ。神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了(学術博士)。アテネ・国立カポディストリアス大学大学院歴史学・考古学科博士課程修了(PhD)。現在、明治大学文学部兼任講師など。専門は古代ギリシア史と碑文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

to boy

23
塩野さんの「ギリシャ人の物語」を読み始めたのでこの本も借りてきました。たくさんの写真があってわかりやすく解説されていて良かった。ほんとに細かく食べ物、風呂、戦争、奴隷などなどについて記載させていて、よくここまで調べてくれたと感謝。当時の絵で裸で描かれることの多いギリシャ人の真相がわかって納得できました。2019/01/09

金監禾重

6
シシン氏の本に神殿・彫刻が本来カラフルだったとあったが、モノクロで残念だった。本書に復元イメージがある。都市国家アテネについて、付随する郊外までが解説されていて良い。郊外を含むと面積は佐賀県くらいで、興味深い社会組織がある。著者も指摘するとおりアテネがメインになっていて、十分満足なのだが、スパルタなど、アテネと違う例も読んでみたくなる。ふくろうの本は好きだが、本文が途中でコラムページに分断される体裁は読みにくい。「コラム」はページの一部に納めるか、章末節末の本文の切れ目に入れてほしい。2024/01/16

tieckP(ティークP)

6
ギリシアがいまなお崇められるのは残された文芸や哲学や政治制度のためなのだが、文化史自体が数十年前から流行りであるし、実際、そこから知りたがる人も多い(つまり人間として身近に感じられるというところから他の地域・時代に関心を持つ人もいる)ので、こういう本があると説明にありがたい。この目的に完全に振って書いているので質はとても高い。個人的に好きな、硬貨を口に入れて運んでいた習慣もちゃんと載っている。欠点としては機械的に2頁ごとカラーとモノクロにしていることで、そのためたとえばコラム頁の統一性も削がれている。2019/04/25

青縁眼鏡

3
『古代ギリシャのリアル』と合わせて読むと理解が深まる。2021/08/09

翡翠

2
アテナイに絞って古代の暮らしについてまとめてあり、市民がどんな生活をしていたか、よくわかる。写真や絵画もたくさんあって堅苦しくなく楽しめた。2021/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13243841
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。