• ポイントキャンペーン

ふくろうの本
図説 アジア文字入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 111p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309760629
  • NDC分類 801.1
  • Cコード C0371

内容説明

アジアは不思議な文字に満ちている。さまざまな文字のかたちとその歴史。

目次

インド系文字―多様性の中の統一(多様なインド系文字;街なかにあふれる文字 ほか)
アラビア文字―神が線を引き、人が点を打った(アラビア語とは何か;文字の拡張 ほか)
漢字と漢字系文字―象形文字の子孫たち(漢字の歴史;何が「漢字らしさ」となるのか? ほか)
ラテン文字・キリル文字―ヨーロッパからアジア文字(キリスト教布教のための導入;強い影響力をもつ言語からの導入 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Gamemaker_K

7
歯磨き本。それにしても、アジアの言葉って、暗号みたいなものが多くて視覚的に楽しい。アラビア語、勉強してみようかな。あれ書けるようになったら一つの芸になりそうな気がする、なんつって。2015/04/26

Takashi Arai

1
アジアの国々は不思議な文字を持っている。いつも興味をもって見ていたので、少しでもそれらについて知りたいと思って図書館で借りてきた。でもでも期待していたようなものではなくて残念。 2014/07/18

猫森

0
アラビア文字「神が線を引き、人が点を打った」のフレーズは素晴らしい。「双子座がそれにあいさつの手をさしのべ、天空の満月は秘密をささやくために近づくであろう」イブン・ザムラクの詩句、文字としては読めないが、確かに美しい。文字(ことば)が神秘の力を持つような気がしてくる。2014/08/31

niningasih

0
アノ文字系の一覧表が特に気に入りました。あれを見て「なんちゃって」で真似をして各文字を書きたくなったくらいww2014/05/30

mayu

0
世界には、こんなにいろいろな文字があるんだなぁーっと、びっくりしました。2013/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/45788

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。