らんぷの本
女流作家のモダン東京―花子と白蓮が歩いた街

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309750149
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0395

出版社内容情報

花子や白蓮の歩いた東京は? 女学校、カフェ、百貨店。ゆかりの女流作家たちと大正~昭和初めのロマンあふれる東京を歩いてみよう!

【著者紹介】
1957年、京都生まれ。東京大学文学部美術史学専修過程修了。元産経新聞記者。著書に『日本の美術絵はがき』、共著に『東京今昔歩く地図帖』『東京今昔旅の案内帖』など多数。

内容説明

鹿鳴館、華族女学校、東洋英和女学校。そして麻布、銀座、大森。カフェ、百貨店、地下鉄、モダンガール、職業婦人…村岡花子や柳原白蓮が歩いた東京は?ゆかりの女流作家たちとともに、明治、大正から昭和初期のロマンあふれるモダンな東京を見にいこう!

目次

第1章 明治の女性と子供たち(女流作家ゆかりの地;花子ゆかりの地;白蓮ゆかりの地)
第2章 大正の東京、ロマンの都(花子・白蓮ゆかりの地;白蓮ゆかりの地;花子ゆかりの地)
第3章 昭和の復興、モガと風俗(花子ゆかりの地;白蓮ゆかりの地;女流作家ゆかりの地)

著者等紹介

生田誠[イクタマコト]
1957年、京都生まれ。絵葉書研究家。東京大学文学部美術史専修課程修了。元産経新聞文化部記者。日本を中心にした絵葉書の収集、研究を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。