らんぷの本
昭和のキモノ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309727523
  • NDC分類 383.1
  • Cコード C0339

内容説明

昭和の家族の思い出は、いつもキモノとともにあった。割烹着姿で働くお母さん、丹前でくつろぐお父さん。金魚柄の浴衣、お風呂あがりのちゃんちゃんこ。もんぺ。ねんねこ半纏、黒の絵羽織。昭和のくらしを彩ったキモノの数々を満載。『昭和のくらし博物館』『ちゃぶ台の昭和』に続くシリーズ第3弾。

目次

第1章 昭和のキモノ史(我が家のキモノものがたり;よそゆきと普段着;柄と流行 ほか)
第2章 人とキモノ、時とキモノ(働く人のキモノ;子どものキモノ;婚礼衣裳と喪服 ほか)
第3章 キモノのまわり(大塚末子の改良キモノ;『主婦の友』に見る和装下着の変遷;リサイクル ほか)

著者紹介

小泉和子[コイズミカズコ]
1933年、東京生まれ。京都女子大学教授、昭和のくらし博物館館長。工学博士。日本家具室内意匠史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)