らんぷの本<br> 追憶の東京 下町、銀座篇

らんぷの本
追憶の東京 下町、銀座篇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309727509
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0339

内容説明

東京の名もなき風景を、ひたすら描き続けた画家がいる。夢のように消えた昭和の町々へ―。スケッチ画と随筆が誘う東京慕情。

目次

第1章 荷風のいた町
第2章 下町人の遊び場―浅草、上野、銀座
第3章 今宵も酒を一杯
第4章 遠い日の映画館と劇場
第5章 水辺の風景
第6章 わが下町

著者等紹介

小針美男[コハリヨシオ]
画家。1927年東京生まれ。昭和20年代から多くの作品を発表し、次第に東京の下町を中心にペン画のスケッチに打ち込むようになる

川本三郎[カワモトサブロウ]
作家、評論家。1944年東京生まれ。文学、映画、都市論を中心に評論活動を行う。著書に『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒロミ

48
繊細なペン画で描かれた東京の懐かしい銀座と下町。川本三郎さんの文章もいい。ペンだけでここまで描けるんだー!とびっくりした本です。遠くを走る都電の音が聞こえてきそう。2016/01/03

とみやん

7
小針美男さんのペン画がとてもいい風合いを出している。銀座や上野などの都会以上に、墨東、すなわち向島や葛飾あたりの田舎の風景がよい。きっと自分が田舎育ちで、子供の頃の原風景を思い出すからだろう。木造家屋が緑や水辺の自然に囲まれて慎ましくも人の生活が感じられる佇まいが好ましい。著者の言葉で言えば、固くて冷たいのではなく、柔らかくて温かい景色といったところだろうか。居酒屋の絵もいいなあ。2020/03/08

JunKawa

2
かつて、どこかで見た風景が細密なペン画によって描かれると、全く別の魅力が見えてくる。それは、画家小針美男の力量に負うところ大であるのはもちろんだが、併せて、モダン都市東京が潜在的に持っていた魅力なのだろう。千代田区神田の淡路町にあった名門映画館・シネマパレスに行ってみたかった。2015/09/01

pjolpjol

1
今は無き東京の風景をペン画と随筆で綴った本です。絵のサイズや解説文のフォントが小さくて、読むのに苦労しました。この本は、昭和20年代から30年代、昭和の終わり、平成初めくらいまでの間にことごとく再開発で破壊されてしまった最早幻想の東京を描いています。読みにくいのを別にすれば、ああ、こんな情緒あふれる東京をこの目で見たかったと思います。それは小津、成瀬の東京であり、映画の中の東京です。2020/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/864600

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。