• ポイントキャンペーン

らんぷの本
想い出のリカちゃん

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309727264
  • NDC分類 759
  • Cコード C0371

内容説明

リカちゃんといつも一緒にいたあのころ。友だちの家にリカちゃんを持って集まって、毎日“リカちゃん遊び”をしていた。リカちゃんの仲間たち、ハウス、白い白い家具…。’60~’70年代のファッションがいっぱい。

目次

1 初代リカちゃん(1967年、リカちゃんさっそうと登場;赤い家具とドレスセット;あこがれのリカちゃんトリオ ほか)
2 二代目リカちゃん(白バラのリカちゃん;リカちゃんなかよしトリオ;リカちゃんハウスア・ラ・カルト)
3 リカちゃんと同じ時代の仲間たち(魅惑のミニ人形たち;こえだちゃんと木のおうち;ハローフラワー ほか)

著者等紹介

タケヤマノリヤ[タケヤマノリヤ]
イラストレーター。1964年生まれ。株式会社タカラリカちゃん課在籍中に、ソニークリエイティブプロダクツキャラクターグランプリ優秀賞を受賞。その後フリーに。現在、昭和のスタイリッシュ・メルヘンな作風で「宇宙百貨」などの商品企画・グッズ製作、「ベアブリック」などのフィギュアも発売。現在、イラスト講座(西武池袋コミュニティセンター)「メルヘン道場」の講師として作家の育成にも力を入れている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

リコリス

26
リカちゃんと赤いカバンのようなリカちゃんハウスでよく遊んだ♪寿司職人で粋な友達のお父さんが商店街のオモチャ屋さんに連れて行ってくれて友達のを買う時、どれがいい?って一緒に買ってくれたリカちゃん人形、結婚して実家に帰るたびに食べに行ってたお店もおじさんが亡くなると同時に閉店したけど、リカちゃんを見るとおじさんの笑顔を思い出す。好きな本、リカちゃんは赤毛のアン、わたる君はカラマーゾフの兄弟(笑)悩みはパパの行方がわからないという重いものを背負ってたとは。ママとリカ姉の再会話も驚きだった。2016/05/07

けんちゃん

19
読友さんのご紹介本。実はリカちゃんには、あまり想い出がないのです。持っていたお人形はタミーちゃん、リカちゃんファミリーを持っているお友だちがうらやましかったです。真っ赤なリカちゃんハウス、白い家具、あぁ、見たことはあるなぁ…そうそう、靴だけのセット、あったよね!あら、結構懐かしんでいるかも(笑)。それにしてもアイドル的なリカちゃんに、昼ドラになりそうなエピソードがあったとは!天真爛漫な明るさだけじゃダメで、影の部分を持っているのが人気の秘密なのね。2013/04/04

びっぐすとん

18
図書館本。懐かしくなって借りてしまった。内容の充実度は先日読んだ『リカちゃん完全読本』の方が上だが、初代、2代目リカちゃんの発売当時のチラシ?や家具が沢山載っていて楽しかった!当時リカちゃんって800円前後だったんだ。ダイニングテーブル、サイドボード(今サイドボードなんてある家ないよ)、戸棚持ってた!そうそうこういうのだった!60年代の流行を反映したファッション今見てもお洒落、若い頃の我が母もこんなサイケ柄の服着てる写真がある。当時の他の玩具も懐かしい。こえだちゃんのりんごのお風呂セットも持ってたなぁ。2020/11/12

花林糖

18
二代目リカちゃんが大好きで、簡単な服を作って着せ替え遊びしてました。本当は服を買って欲しかったけれど無理で仕方なく自作。双子の赤ちゃん、お母さん、友だち、男の子の人形があったかな。タンス・ベッド・ダイニングテーブル・ピアノ・冷蔵庫を持っていたはず。リカちゃんハウスは買ってもらえず悲しかった思い出。数年前まで実家にあったけれど、保存状態悪く知らない間に処分されてました。巻末に紹介されている「ミスロングヘアー」がちょっと怖い.....。2016/10/24

夜兎

9
白い白い家具、持ってた。確かサイドボードだったはず…。年代的に、親戚からのお下がりだったのかな。処分しなきゃ良かった。初代リカちゃんの複雑な家庭の事情にびっくり。売りあげの見込みの他、そういう設定がウケた時代でもあったのだと思う。2016/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/512376

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。