らんぷの本
ちょっと昔の道具たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 111p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309727059
  • NDC分類 383
  • Cコード C0339

内容説明

ちゃぶ台、鰹節削り、蒸籠、囲炉裏、炬燵、ランプ、蚊帳…。これは何に使ったの?道具にこめられた知恵と工夫。

目次

食卓の道具(ちゃぶ台;わん;皿・鉢;箸;膳;面桶・行李・重箱 ほか)
台所の道具(竈;囲炉裏;流し;槽;笊;甕・壷;桶;水屋・茶箪笥;蠅紙・氷冷蔵庫;包丁・俎板;鰹節削り;擂鉢・擂子木;片口・鉢 ほか)
住まいと家具(家の構造;井戸;風呂;便所 ほか)

著者紹介

中林啓治[ナカバヤシケイジ]
1935年、東京都生まれ。多摩美術大学油絵科卒業。吉田謙吉舞台美術研究所を経て、日活撮影所で映画美術デザインに従事。1971年より、トータルメディア開発研究所にて、多くの博物館展示企画設計・調査に協力。現在、株式会社セノグラフィカ代表。日本民具学会会員、展示学会会員、日本映画・テレビ美術監督協会会員

岩井宏実[イワイヒロミ]
1932年、奈良県生まれ。立命館大学大学院文学研究科日本史学専攻修士課程修了。大阪市立博物館主任学芸員、国立歴史民俗博物館・民俗研究部長を経て、現在、帝塚山大学長、大分県立博物館長、国立歴史民俗博物館名誉教授。文学博士。主要著書に、『地域社会の民俗学的研究』『絵馬』『曲物』『民具の博物誌』『民具の歳時記』ほかがある