• ポイントキャンペーン

らんぷの本
失われた日本の風景―故郷回想

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309727035
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C0339

内容説明

土を耕す人がいた。浜で網を曳く男がいた。手伝いをする子がいた。昭和20~40年代の農山漁村と村人たち。想い出から甦るふるさとの情景。

目次

むらの表情(わが山は緑;むら人の顔;働く子どもたち ほか)
働く風景(牛馬と働く;傾斜地を耕す;浜の女たち ほか)
家と人(主婦の力;寝そべる子どもたち;家の行事 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はる

57
昭和20~40年代の日本の農村と漁村の風景。そこには懐かしい暮らしがあった。皺が刻まれたおばあさんにおじいさん、ほっぺの赤い子どもたち。働く人、遊ぶ子ども。みんないい表情。私が生まれる前だけれど、何だかとても懐かしい。不便なことも多いだろうけれど、今よりずっと人間的な気がします。2021/02/21

Koki Miyachi

1
薗部澄の写真、神崎宣武のテキストという黄金コンビ。文字通り失われて戻ってこない失われた日本の風景の写真集。たった数十年ほど前であっても、もう思い出す事も難しい風景。それほど現代の時代の流れは早い。こうした文化史を残すことも我々の責任なのだと思う。2012/12/08

勝浩1958

0
この頃の日本はまだまだ貧しかったけれども、人々の表情は今の人々よりずっと活き活きとしている。 おそらく小さくても純朴な希望を持って、毎日毎日を丁寧に生きていたのだろう。2011/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/622958

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。