列島の考古学<br> 古墳時代

個数:
  • ポイントキャンペーン

列島の考古学
古墳時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月29日 02時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 143p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784309714448
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C0320

内容説明

20万基にもおよぶ古墳がしめす権力と権威の波及。築造や副葬品から明らかになる技術と人びとの暮らし。近畿と東国にみる大王の時代。

目次

1章 前方後円墳の成立から巨大古墳の時代へ(最初の大王墓;ヤマト王権の権威 ほか)
2章 渡来文化の波(海を渡った人と文躍;技術革新の時代 ほか)
3章 豪族と民衆(大和の豪族居館と集落;群集墳の成立と展開 ほか)
4章 埴輪は語る(埴輪の成立と展開;東国埴輪の世界 ほか)
5章 古墳時代から飛鳥時代へ(古墳時代の正倉院;前方後円墳の終焉 ほか)

著者等紹介

右島和夫[ミギシマカズオ]
1948年、群馬賢生まれ。関西大学大学院文学研究科修士課程修了。1977年、群馬県教育委員会文化財保護課。主として、埋蔵文化財調査に従事。群馬県立歴史博物館学芸課長、群馬県埋蔵文化財調査事業団調査研究部長、群馬県教育委員会文化財主監等を歴任。現在、群馬大学・高崎経済大学・前橋国際大学講師、群馬県文化財保護審議会委員。博士(文学)

千賀久[チガヒサシ]
1950年、大阪府生まれ。同志社大学文学部文化学科卒業。1974年、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館に就職し、2011年、同博物館主幹で定年退職。現在、葛城市歴史博物館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

200点を超える図版、大胆なテーマと分析、わかりやすい文章で知る考古学最新の成果

考古学に新たな光を当てるテーマに絞った編集。
「旧石器時代人の黒曜石を探し求める旅」、
「縄文土器を飾った文様にはどのような意味があるのか」、
「弥生文化と朝鮮半島文化の共通性はどのようなものだったか」、
「東と西の古墳の違い」・・・・・、
それぞれの時代の人びとの生活と活動
そして心のありようにせまる。

遺跡から発掘された遺構や遺物であっても、丹念な観察と慎重な思考を積み重ねれば、本シリーズの著者たちのように、当時の人々の行動パターンや考えさえも浮き彫りにすることができる。世界的にみてもきわめて特徴のある日本列島の考古学世界の実像がみごとに再現されている。
青柳正規(国立西洋美術館館長 東京大学名誉教授)

列島の考古学( 1巻 2巻 3巻
本書の特徴
・遺跡のある風景、発掘のドラマ、大胆な仮説と論考 ― 考古学の世界へいざなう読み応えのある記述。
・具体的な発掘の成果から時代を理解できるように各巻200点を超える図版を収録。
・列島各地だけでなく、朝鮮半島の発掘の成果もとりいれ、大陸との交流の状況を紹介。

体裁:A5判型判/上製本/各112~144頁(内カラー平均70頁)

古墳時代
右島和夫(群馬大学・高崎経済大学講師)
千賀久(葛城市歴史博物館館長・帝塚山大学非常勤講師)

近畿と東国、大きく二つの歴史舞台に繰り広げられた古墳文化。それぞれの地域での移り変わりと交流。古墳の築造や副葬品から明らかになる権力、人びとの暮らしや技術。多様な視点で解明する古墳時代像。

1章 前方後円墳の成立から巨大古墳
2章 渡来文化の波
3章 豪族と民衆
4章 埴輪は語る
5章 豪華で豊富な副葬品