ヴァインランド

個数:

ヴァインランド

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年09月30日 09時15分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 497,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309709635
  • NDC分類 933
  • Cコード C0397

内容説明

1984年、ある夏の朝。北カリフォルニアの山中で14歳の娘とふたり、ジャンクにクレイジーに暮らすヒッピーおやじゾイドの目覚めから物語は始まる。ゾイドを執拗に追う麻薬取締官、娘を狙う連邦政府、その権力の魔の手から逃れながら、母探しの旅に出る娘。そして物語は60年代へ、ラディカル映画集団の一員だった母の記録映像を見る娘の眼差しと共に、バークリィでのデモ隊と機動隊の衝突現場へズーム・インする。闘争の渦中で母を救出するDLは、マフィアのドンに雇われ殺人忍法を操る「くノ一」。その女忍者とコンビを組むカルマ調整師のタケシ、彼らにカルマを調整してもらうヴェトナム戦争の死者のゾンビ「シンデルロ」…次々と出現する登場人物を巻き込んで、仕掛けに満ちたピンチョン・ワールドは時のうねりの中を突き進む―全米図書賞受賞の大作『重力の虹』以来17年の沈黙を破って発表された本書は、ギャグ満載のポップな装いの下に、輝けるアメリカを覆う呪われたアメリカ、官憲国家の狂気を、繊細に重厚に、ときにセンチメンタルに描き出す。名訳をさらに磨きあげ、注釈も全面改訂。

著者等紹介

ピンチョン,トマス[ピンチョン,トマス][Pynchon,Thomas]
1937年、ニューヨーク州ロング・アイランドに生まれる。53年、コーネル大学工学部応用物理科に入学、英文科に転科したのち、学生文芸誌『コーネル・ライター』の編集に携わりつつ、短編の執筆を開始。59年に卒業後、シアトルのボーイング社に一年半ほど勤務したほかは、居所の知れぬ場所で執筆活動に専念する。63年、初の長編『V.』(ウィリアム・フォークナー賞)発表。その後、66年『ナンバー49の叫び声』、73年『重力の虹』(全米図書賞)など、寡作ながら重厚な作品を発表。イメージと意味の繁茂する猥雑な語りのなかに濃厚な知識を詰め込んだそのテクストの学術的評価はきわめて高く、早くから現代アメリカ文学の最高峰の一つに数えられてきた

佐藤良明[サトウヨシアキ]
1950年生まれ。群馬県出身。東京大学教授職を辞し、現在フリーランス研究者。専門はアメリカ文学・ポピュラー音楽(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アメリカ文学最高峰の鬼才が、17年の沈黙の後に発表した過激でポップな大傑作。ヒッピーおやじとティーンズ娘の軽妙な会話で始まる巨編は次第に陰謀渦巻くダークな世界へ。全面改訂の詳注付。