太平洋の防波堤・愛人ラマン・悲しみよこんにちは

個数:

太平洋の防波堤・愛人ラマン・悲しみよこんにちは

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年12月04日 01時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 600,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309709444
  • NDC分類 953
  • Cコード C0397

内容説明

「太平洋の防波堤/愛人ラマン」―18歳でわたしは年老いた…仏領インドシナのけだるい風土で暮らす、貧しいフランス人入植者の家族を主人公に描かれる2つの物語。美しい娘と彼女に焦がれる裕福な男。『太平洋の防波堤』で執拗に描かれた恋愛未満の性の駆け引きが、『愛人ラマン』では「流れゆくエクリチュール」とともに性愛の高みへと変奏されていく。デュラスの2つの代表作。「悲しみよこんにちは」―その夏、私は17だった。そして私はまったく幸福だった…17歳の少女セシルは、父の愛人と自分の恋人を使って父の再婚相手を破滅へ追いやる。南仏の海岸を舞台に、少女の好奇心、独占欲、完璧なものへの反発、愛と孤独が描かれる衝撃のデビュー作。

著者等紹介

デュラス,マルグリット[デュラス,マルグリット][Duras,Marguerite]
1914‐1996。1914年仏領インドシナ(現在の南ヴェトナム)生まれ。パリで法学を学んだ後、ドイツ占領下の43年に初の小説『あつかましき人々』を発表、レジスタンス運動にも加わる。その後、50年『太平洋の防波堤』を皮切りに、58年『モデラート・カンタービレ』、64年『ロル・V・シュタインの歓喜』、69年『破壊しに、と彼女は言う』など話題作を矢継ぎ早に発表。84年『愛人ラマン』でゴンクール賞受賞。『インディア・ソング』『トラック』など自作を監督した映画も数多い

サガン,フランソワーズ[サガン,フランソワーズ][Sagan,Francoise]
1935‐2004。1935年フランス生まれ。富裕な家族とともにパリで育つ。1954年、19歳の時に『悲しみよこんにちは』でデビューし、一躍時代の寵児となる。その後、56年『ある微笑』、59年『ブラームスはお好き』、68年『優しい関係』、75年『絹の瞳』など、愛と孤独をテーマとする作品を次々に発表し、人気作家として活躍する一方、私生活でもさまざまな話題をふりまく。『スウェーデンの城』をはじめとする戯曲や、映画の脚本も手がけた

田中倫郎[タナカミチオ]
1930年、広島県生まれ。東京大学文学部美学科卒業。跡見学園女子大学文学部名誉教授

清水徹[シミズトオル]
1931年、東京都生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。フランス文学者・文芸批評家

朝吹登水子[アサブキトミコ]
1917年、東京都生まれ。女子学習院中退後渡仏し、ブッフェモン女学校およびパリ大学に学ぶ。2005年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

愛の本質を見つめつづけ、世界に大きな影響を与えた2人の女性作家。仏領インドシナを舞台に、美しい娘と彼女に焦がれる男の駆け引きを描いたデュラスの2作と、サガン衝撃のデビュー作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件