人類の物語―Unstoppable Us ヒトはこうして地球の支配者になった

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

人類の物語―Unstoppable Us ヒトはこうして地球の支配者になった

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月13日 16時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 168p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309629315
  • NDC分類 K209
  • Cコード C8020

出版社内容情報

人間だけがもっているスーパーパワーってなに? 私たちはそれをどう使えばいいんだろう? 世界的ベストセラー『サピエンス全史』の著者が、未来をになう子どもたちに贈る、驚きの歴史!

著者情報
歴史学者、哲学者。1976年イスラエル生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻し博士号を取得。現在、ヘブライ大学で歴史学を教授。『サピエンス全史』『ホモ・デウス』『21 Lessons』。

内容説明

私たちひとりひとりはライオンほど強くないし、イルカほどうまく泳げないし、空を飛べる翼だってもっていない。それでも私たち人類は、ほかのどんな生きものにも負けないスーパーパワーをもっている。遠い遠い昔の祖先は、そのおかげで世界じゅうを支配することができるようになったんだ。でも、「スーパーパワー」っていったい何なんだろう?それがわかれば、私たちは世界をもっと変えていけるはず!世界的ベストセラー『サピエンス全史』を書いたユヴァル・ノア・ハラリが、その秘密をあきらかにしてくれる。きっと今まで聞いたことがないような、驚きの歴史の物語がはじまる!

目次

はじめに そもそも、人類って何?
第1章 人類は動物だ
第2章 サピエンスのスーパーパワー
第3章 私たちの祖先の暮らし
第4章 動物たちはどこへ行った?

著者等紹介

ハラリ,ユヴァル・ノア[ハラリ,ユヴァルノア] [Harari,Yuval Noah]
イスラエルの歴史学者、哲学者。1976年生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2020年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう

ルイズ,リカル・ザプラナ[ルイズ,リカルザプラナ] [Ruiz,Ricard Zaplana]
1973年、バルセロナ生まれのイラストレーター。映画やテレビの世界で仕事を始め、ディズニーやレゴなどのブランドの、子ども向け書籍や雑誌のイラストを手がける

西田美緒子[ニシダミオコ]
翻訳家。津田塾大学英文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やいっち

76
出版社の内容案内には、「人間だけがもっているスーパーパワーってなに? 私たちはそれをどう使えばいいんだろう? 世界的ベストセラー『サピエンス全史』の著者が、未来をになう子どもたちに贈る、驚きの歴史!」とある。子供向け。2023/08/04

さくら咲く

29
小学生でも理解出来る解りやすい人類の歴史の本。孫達にいつか勧めてみよう。大雑把には概要を掴んでいたつもりだったが今迄、考えてもみなかった方向からの想像や仮定が中々興味深かった。2023/02/22

外枠発走

23
前回読んだ「ホモサピエンス全史」を若年層向けにわかりやすくした本。復習にはもってこいの教材だった。2024/03/12

グラスホッパー

18
サピエンスは食べるために、たくさんの生き物を絶滅させてきた。生きることはこんなに残酷なことなのかと、呆然としている。アイヌ民族は自然を破壊しない文化を持つ。そんな方向が良かったのか。2023/05/20

スプリント

12
対象が子供むけのためとても丁寧な説明になっていて 知識の整理に役立つ。 2023/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20284012
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。