河出ブックス<br> 誰がタブーをつくるのか?

個数:

河出ブックス
誰がタブーをつくるのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月24日 03時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624747
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C0336

出版社内容情報

タブーはいかにして、そして誰のために生まれたのか? 誰も教えてくれないタブーの正体と無力化する思考法。

【著者紹介】
1958年、北海道生まれ。フリーライター。早稲田大学文学学術院教授。「哲学からアダルトビデオまで」幅広い分野で執筆。『広辞苑の中の掘り出し日本語』『批評の事情』『書いて稼ぐ技術』など。

内容説明

どうして「自粛」が必要なの?「わいせつ」の基準は?「名誉毀損」の線引きは?言っていいことと悪いこと、書いていいことと悪いことの判断基準は?タブーはいかにして、そして誰のために生まれたのか?「そこそこ自由な国・日本」に生きるぼくたちだからこそ知らなければならない、誰も教えてくれないタブーの正体と、それを見抜くための思考法。

目次

序章 「言論の自由」と「自由な言論」、「表現の自由」と「自由な表現」
第1章 出版と報道のタブー(いってはいけないこと、報じてはいけないこと;ビジネスにまつわるタブー;差別とタブー)
第2章 外側からの規制(刑法第175条「わいせつ罪」;プライバシーと出版―民法第710条「名誉毀損」;青少年保護育成条例;そのほかの、法による出版規制)
第3章 じぶんからの規制(タブーと規制)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Humbaba

11
制限があるというのは、必ずしもマイナスに作用するというものでもない。確かに自由度は少なくなるものの、そのルールに触れないギリギリのラインをついていくというのも、また楽しみを与えてくれる。制限があるうちはそれを取っ払いたいと願うものの、実際に取り払われてみると意外とその制約に助けられていたことに気づくこととなる。2014/11/07

スパゴー

6
15年程前に、ある大手企業では管理職世代(今60〜70歳ぐらい)の人達に『差別用語を使わないように』という研修をさせられたと聞いた。(『めくら』や『どかた』など)小さい頃から普通に聴いて育っているので差別用語と意識せず発してしまうかららしい。若者はその言葉自体を知らないで育ってきているので、無用な知識を教えるなという事らしい。言葉の意味や歴史を全く知らないのもどうなんだろう…。2015/05/08

ZEPPELIN

5
身近だなと思ったタブーは部落差別。別に差別が行われているという意味ではなく、集落と部落が全く同じ意味で使われてるという意味で。「おらほの部落」なんて発言はよく聞くし、「部落内・徐行」という看板も何の問題もなく置かれている。タブーだ差別だと騒いでも、少なからず地域差があるということを覚えておかないと、地元の人とは会話にならない。そんなことを考えながら読んだけれど、著者の思想を好きになれないせいか、または自由をやたらと叫ぶ人は嘘臭いと常々思っているせいか、作品としては面白くない2015/06/01

てながあしなが

4
図書館本。永江さんの本が好きなので読んでみたが、面白かった。タイトルでちょっと誤解が生じているかも。メディアのタブー、自主規制について広く論じられている。考えるきっかけになるため、手元に置くか迷う。2017/10/21

ジュースの素

4
日本は一応自由な国だと言われているが、他の国から見たら そうではない所があるのかも知れない。業界によっても規制が違うし。 でも どうもピンとくる内容ではなかった。2015/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8210226

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。