河出ブックス
ニーチェ―ニヒリズムを生きる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624525
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0310

内容説明

「誰の役にも立たず、ほとんどの人を絶望させ、苛立たせ、(略)あらゆる『価値あるもの』をなぎ倒し…近・現代人とまさに正反対の価値観を高らかに歌い上げる」ニーチェへ―「明るいニヒリズム」の哲学者がニヒリズムの始祖ニーチェの哲学に真っ向から立ち向かいながら、哲学のおそろしさと歓び、生の無意味と人間の醜さの彼方に「ヤー(然り)!」を見出すニーチェ論の決定版。真に「過酷なニーチェ」がここに甦る。

目次

第1章 神は死んだ
第2章 ニヒリズムに徹する
第3章 出来事はただ現に起こるだけである
第4章 人生は無意味である
第5章 「人間」という醜悪な者
第6章 没落への意志
第7章 力への意志
第8章 永遠回帰

著者等紹介

中島義道[ナカジマヨシミチ]
1946年生まれ。電気通信大学元教授。「哲学塾カント」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

踊る猫

31
これじゃ、ニーチェじゃなくてナカジマ節を読むための本じゃないか、と溜め息。だが、皮肉ではなくこうも思った。ニーチェを読むとは、ニーチェの思想をチャートにして整理することではない(仮にそんなことが出来たとして、誰が読むのだろう)。むしろニーチェの胡散臭い言葉に触発されて、ムッシュムラムラと己の中で煮え滾ったものをそのままぶつける、アクション・ペインティングのような活動の謂ではないか、と。ニーチェは爆発だ(繰り返す。決して皮肉ではない)! ひたすら己を爆発させ、虚無の中に己の全身全霊を投げ込み、今を楽しむ……2020/03/18

井月 奎(いづき けい)

24
ニーチェを読まなければいけない。と思ったのは五年前でした。貪るように読みました。第二部までは……。第三部を読み始めてひどく困惑して、まったく頭に入らなくなり、いつの間にか読まなくり、思い出して読み挫折。その繰り返しでした。しかし読まなくてはいけない。という思いはいつも、いつでも心にあり、助けてもらおうとしてこの本を読みました。私なりに理解したのは、ニーチェの混乱に付き合ってはいけないということです。自分の芯を定め、キーワードを決めて、整理しつつ読むべきなのです。さあ、岩波文庫で再挑戦です。2015/10/10

fishdeleuze

18
『ツァラトゥストラ』を中心に、ニヒリズム、ルサンチマン、パウロ主義、奴隷道徳/貴族道徳、力への意志、そして永遠回帰とニーチェの哲学を俯瞰しており、引用も多く読みやすい。ニーチェの場合、哲学(あるいは作品といったほうがいいかもしれない)と実存が密に関わり合っていて、生=作品(または作品=生)という面がとても強い。激烈で極端、そして誠実だが、赦すのが不得手な人物だったようだが、それは作品からもうかがえる。読む時期や問題意識の持ちようによっては、激しく訴えかけてくる思想家なのだろう。2017/09/09

ichiro-k

14
「目クソ(中島義道)、鼻クソ(巷のニーチェ本)を笑う」書籍。 どちらも本文にあるニーチェ気取りの「ツァラトゥストラのサル」で、始末の悪い扇動者。 以前、著者が言っていたように(たぶん・・・)気が狂うほどあるいは死にたくなるほどモノゴトを考え抜けば「能動的ニヒリズム」に辿り着くハズ。 その先の「永劫回帰」については著者同様、私も低脳につき理解不能ようだ。2013/02/20

pino

5
100分で名著のニーチェ編がなんか甘々でモヤモヤしたので中島さん。ですよね、やっぱりそんななまっちょろい思想じゃないですよね、ってゆう納得感があって良かった。ニヒリズムはそうとして、そして次にどうするのかっていうところを、自分が引き受けて考えなくちゃ。とかいう前にちゃんとツァツストラ読まなくちゃ。2019/10/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6324904

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。