河出ブックス<br> ニッポンの塔―タワーの都市建築史

個数:

河出ブックス
ニッポンの塔―タワーの都市建築史

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624433
  • NDC分類 523.1
  • Cコード C0336

内容説明

浅草十二階、大阪城天守閣、東京タワー、通天閣、太陽の塔、六本木ヒルズ森タワー、東京スカイツリー…都市のランドマークとして、大衆が集うにぎわいの中心として、歴史を刻む媒体として、復興のシンボルとして、古来、天に向けてそびえたつ存在に人々は魅了され、さまざまな想いを託してきた。物見の塔、公共の塔、電波の塔、大衆の塔、ひとがたの塔、都市の塔、塔の塔―7つの視点から、近現代日本のタワーの変遷をたどり、その意味を問い直すことで、人類文明の本質に迫る。

目次

はじめに 大地から
1塔 物見の塔―浅草十二階ほか
2塔 公共の塔―大阪城天守閣ほか
3塔 電波の塔―東京タワーほか
4塔 大衆の塔―通天閣ほか
5塔 ひとがたの塔―太陽の塔ほか
6塔 都市の塔―六本木ヒルズ森タワーほか
7塔 塔の塔―東京スカイツリーほか
あとがき 天空へ

著者等紹介

橋爪紳也[ハシズメシンヤ]
1960年、大阪市生まれ。工学博士。建築史・都市文化論専攻。大阪府立大学21世紀科学研究機構特別教授、同大学観光産業戦略研究所所長。大阪市立大学都市研究プラザ特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

misui

8
機能とともに象徴性の強い建造物としてタワーや高層建築の姿を見ていく。庁舎や六本木のビル群には権威やステータスがよく示されているわけで、また、ランドマークにしても土地の記憶を吸い上げ、人々が物語を投影することになる。そもそもが虚空というフロンティアへの挑戦を原型に持つこれらの塔は、様々に変奏されてそこにある。個人的には巨大大仏のようなもの(自由の女神や太陽の塔も)までフォローされているのが興味深かった。2014/11/21

Mentyu

3
戦前から高度経済成長期の「塔」の歴史を把握する上では間違いなく良書だと思う。ただ、時代が近くなるにつれて、筆者の意見が強くなっていき、歴史書としては冗長な感じになっている感も否めない。もっとも、その辺は随筆だと思えば問題ないのではあるが。2017/12/28

保山ひャン

1
物見の塔(浅草十二階など)、公共の塔(大阪城天守閣など)、電波の塔(東京タワーなど)、大衆の塔(通天閣など)、ひとがたの塔(太陽の塔など)、都市の塔(六本木ヒルズ森タワーなど)、塔の塔(東京スカイツリーなど)、と、7種類にわけて塔について書かれた楽しい本。大阪に「南の五階」と「北の九階」があって、そのあとに浅草十二階ができた、という、この「5,9,12」の数列は意味ありげ。「すべての『尖端』は、いずれ古び、『懐旧』の対象となる」という言葉もあった。これはロラン・バルト仕込みじゃないか、と思ったが、検証中。2015/01/16

kiho

1
高くそびえる塔やタワーに不思議と人は憧れる…その塔が立つまでの様々な状況と担う人たちの思いが見えて新鮮☆近々の東京スカイツリーにまつわるエピソードも興味深かった♪他の名前になったらまたイメージが違っただろう。2013/09/08

チタカアオイ

0
【図書館】2016/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5106301

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。