河出ブックス<br> 戦後SF事件史―日本的想像力の70年

電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

河出ブックス
戦後SF事件史―日本的想像力の70年

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 279,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624396
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0391

内容説明

SF小説、マンガ、アニメ、特撮、異端・幻想文学、現代美術、アングラ演劇…ファンダムの発展、専門誌・同人誌の盛衰、作家と編集者の戦い、しばしばファンを巻き込んだ論争と騒乱とお祭り―そこにはSF的想像力/創造力を駆使しながら、同時代の諸ジャンルが互いに響きあうエネルギーの磁場があった!敗戦から3.11後まで、戦後の様々な「想像力」運動の横のつながりやその周辺で起きた事件、作り手と読み手が織りなす人間ドラマをいきいきと描きながら、現代日本の可能性を問う。

目次

序章 SF・幻想・アニメのリアル―戦後から災後まで
第1章 戦後的想像力の始動
第2章 空想科学からSFへ
第3章 戦う想像の現場―騒乱と創造と裁判沙汰
第4章 論争とお祭りの日々
第5章 進歩と未来とオカルティズム―多様化する創造的想像力
第6章 幻の八〇年紛争からオタク革命へ
第7章 「幻想文学」とその時代
第8章 反復と変容―本当の二十一世紀へ

著者等紹介

長山靖生[ナガヤマヤスオ]
1962年、茨城県生まれ。評論家。歯学博士。歯科医の傍ら、近代日本の文化史・思想史から、文芸評論や現代社会論まで、幅広く執筆活動を行っている。著書に、『日本SF精神史』(日本SF大賞・星雲賞、河出ブックス)、『偽史冒険世界』(大衆文学研究賞、ちくま文庫)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。