河出ブックス
言葉の誕生を科学する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624303
  • NDC分類 801
  • Cコード C0395

内容説明

鳥はなぜうたうのか?鳥がうたうのは、求愛のため、繁殖のためである。しかし、そのことで鳥の歌は次第に複雑になっていった。人間は、なぜ言葉を話しはじめたのか?人間も言葉以前にうたっていたのではないか?長い進化の過程で、人間だけが、ある時「歌」から「言葉」へと、大いなるジャンプをなしとげた。いまだ謎であり続ける、人間が言葉を得て、心を持つに至る悠久の時間に、初めて光をあてる。

目次

第1部 言葉はいかにして誕生したのか?(言葉はいつどのように生まれたのか;言葉の起源は歌である;言葉と音楽 ほか)
第2部 言葉は何を伝えるか?(コミュニケーションの目的は「つながる」こと;言葉を解きほぐす技術;人間がシンボルを理解する瞬間の奇跡! ほか)
第3部 心はどのように生まれるのか?(書き言葉の誕生;それは「数えること」から始まった;ハダカデバネズミも歌をうたう ほか)

著者等紹介

小川洋子[オガワヨウコ]
1962年岡山県生まれ。88年『揚羽蝶が壊れる時』で第七回海燕文学賞を受賞しデビュー。『妊娠カレンダー』で芥川賞受賞。『博士の愛した数式』で読売文学賞、本屋大賞を受賞

岡ノ谷一夫[オカノヤカズオ]
1959年栃木県生まれ。米国メリーランド大学大学院修了、博士号取得。東京大学教授。理化学研究所脳科学総合研究センターチームリーダー。科学技術振興機構ERTO情動情報プロジェクト統括を兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なっく

34
コミュニケーションは動物でもできるけれど、言葉は人間だけなのか。その言葉の一歩手前が歌だなんて面白い、しかも歌を学ぶのは鳥と人間とクジラだけ。つまりサルより鳥の方が言葉に近いコミュニケーションをしているってことなんだね。言葉を手に入れた人間は、死や孤独の恐怖から逃れるために、それを書として残すことになった。小川洋子さんが言うと説得力がある。確かに彼女の小説は、死や孤独があることを前提にした喪失と再生の物語が多い。2020/07/12

はるき

29
対談形式で綴られる、言葉というか音に出すメッセージについての考察。小川洋子さんは私の中で理系の範疇の複雑な人。論理展開が理路整然としています。人間は進化の過程で言葉を獲得して飛躍的な進歩をとげたわけですが、当たり前だと思って、考えていないことの何と多いことか!科学は苦手ですが、推論を重ねることと空想を広けることは類似点もあると思います。2016/12/11

Tadashi_N

25
話し言葉は鳥の囀りから、書き言葉は数字の記録から発生したという考えが良かった。文章でやりとりするのは、ほかにはクジラ。2021/08/09

Aya

12
二人を引合せた『ハダカデバネズミの肉布団!?』というスルー出来ない言葉。 小川さんの言葉を引金に、良くぞ聞いてくれた!と誇らしげに語られる岡ノ谷先生。言葉、意識、心、神までたどり着く二人のあくなき探究心が印象的でした。人間の脳って不思議。2015/01/25

Saiid al-Halawi

11
生物学的な「必要」の面から言葉の発生を追ってったりする対談。ヒナ鳥がピーチクするのは「エサをくれないと天敵を呼ぶぞ!」と母鳥を慌てさせるための手段なのだ(脅迫仮説)というトリックオアトリート的な問題解決手法とか、面白い仮説がたくさん。2013/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3016869

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。