14歳の世渡り術<br> 見た目が気になる―「からだ」の悩みを解きほぐす26のヒント

個数:

14歳の世渡り術
見た目が気になる―「からだ」の悩みを解きほぐす26のヒント

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年08月13日 13時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309617336
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0395

出版社内容情報

なぜ人は見た目が気になるのか。社会の価値観にとらわれず「自分らしさ」を見出すために26人が考える「見た目」との向き合い方。

内容説明

「見た目」について考えた十人十色のメッセージ。

目次

1 見た目は武器になる?(外見と内面の関係って?(澤田知子・現代美術作家)
「普通」とたたかう私の戦闘服(青木美沙子・ロリータモデル/看護師) ほか)
2 見た目がすべてじゃない?(私の「見た目」も私ですか?(森山至貴・社会学者)
なぜ「見た目いじり」はなくならないのか(カレー沢薫・漫画家) ほか)
3 「見た目問題」と向き合う人たち(「普通の顔」ってなんだ?(石井政之・ライター/ユニークフェイス研究所代表)
現役アイドルなのに髪の毛がなくなった!つるつる伝説(pippi(エレクトリックリボン)・アイドル) ほか)
4 見た目のその先へ(バB肉(牧村朝子・文筆家)
目が見えなくなって人生がカラフルに、なった!?(大平啓朗・全盲の旅カメラマン) ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

79
図書館新刊本 前々から「男性って偉そうな割には外見中身ともに可もなく不可もなくフツー系クズ」という印象を持っていたのですがマジョリティ男子当事者である清田隆之さんの文章をよんで「私の考えていたことは間違ってなかった」と心の中で歓喜しました。女子を外見で差別するマジョリティは考える事態になったときに耐えられない。いじられないために個性を丸くすることによってさらに無個性になっていき集団と同化していく…、ほら、やっぱり外見も中身も削れ切ったフツー系クズじゃないですか(笑)2021/12/20

Eri

7
見た目について、いろいろな方面からいろいろな意見が書かれた本。カレー沢薫さん目当てで借りたのですが、この本が真面目なので浮いている感があります……が、分かりやすい! 川村エミコさんの話が良かった。 清田隆之さんのマジョリティ男子の話は、中学生男子だけではなく、全ての人が読んで欲しいと思ってしまう。マジョリティが自分でも気付いていないうちに手にしている特権について。そこから、もう一歩踏み込んで欲しかった気もするけれど、この本の対象者向けではなくなってしまうのかな。 かと思えば、(続)2022/02/18

HISA

5
☆☆☆短い文章で、色んな立場の人からの文章が載っている私の好きなタイプの14歳の世渡り術のシリーズ。トミヤマユキコさんの「大事なのは美醜についての判断を自分の手に取り戻すこと」「あなたの価値判断だけがあなたを支える力になります」の言葉が刺さりました。最近は私の若い頃より見た目を気にする子が多い気がします。SNSの影響なのでしょうね。人からの視線、判断から自由になってほしいです。2021/12/03

あつ

2
人それぞれ色々な気持ちや思いがある。全てを取り払うにはまだ時間がかかるんだろうなと思うけど、少しずつ優しい世界になっていったらいいなと思う。2022/06/10

すみれ子

2
長井短さんの文が良かった。他人が自分の容姿を見たまま指摘するのは、他人の外見に自分の持っていないものを探してしまうから。ただそれだけなんだな。2022/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18213754

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。