14歳の世渡り術<br> 学校では教えてくれない人生を変える音楽

個数:

14歳の世渡り術
学校では教えてくれない人生を変える音楽

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 17時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 185p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309616797
  • NDC分類 760.4
  • Cコード C0373

内容説明

とにかくこれ、聴いてみて。作家、漫画家、学者、音楽家、アイドル、芸人…26名が選んだ、自分だけの1タイトル!中学生以上、大人まで。

目次

1 (二十三歳の僕を救ってくれた曲―「少年花火」野狐禅;そのとき必要な音楽―『Yankee Hotel Foxtrot』Wilco ほか)
2 (骨になれ、音に身投げしろ!―『VAMPS』VAMPS;音と意味の合一―『世界最強河内系歌謡曲集カワチモンド』オムニバス ほか)
3 (音楽は流動体―『ザ・ビートルズ・オン・バロック』池辺晋一郎作曲;あまりに美しいドビュッシーの透明な和音―「牧神の午後への前奏曲」「海」ドビュッシー作曲 ほか)
4 (あなたの本物―「キスしてほしい」ザ・ブルーハーツ;『お前は何をしにこの世にやってきた?』―「PUZZLE」AKIRA ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マエダ

65
町田康氏はさすが紹介する音楽が物語っている2017/09/06

ぶんこ

53
とても14歳向けとは思えませんでした。 結構難しいのではないのかな? ただ、自分が14歳だった頃を思い出すと、確かに音楽で心が揺さぶられていましたね。 知らない曲、知らない人が多かったです。 著者紹介は、文の後ではなく、最初に持ってきて欲しかったです。2015/03/11

akihiko810/アカウント移行中

34
14歳の世渡り術 シリーズの一冊。 聴くべき音楽を14歳に著名人たちが薦める。印象度B  本、漫画と続いて、次は音楽。バラエティがあって面白いが、本当に中学生が聴くべきか、というと疑問もあったり。町田康は「河内音頭」を薦めているが、そりゃないだろ(苦笑)。みうらじゅんはピンクフロイドだが、そこはボブ・ディランじゃないの? ブルーハーツを推挙する角田光代はまっとう。こういう「背伸びしたい思春期にぶっ刺さった曲」を挙げるのが親切心というものだろう。作曲家がクラシックの曲なのはわかるけど。 2022/03/28

Natsuko

19
様々な肩書の26人が人生を変えた一曲を語る。一話一話実際に聴きながら読んだが、一番しびれたのは又吉さんの「少年花火」。なぜ好きなのかを語る熱さにも圧倒された。振付家の近藤良平さんが挙げた「たたずむ のにぴったりな一曲」もいい。大好きな角田光代さんと宮下奈津さん(お二人が同い年だと初めて知った)がブルーハーツ好きと知り、私もまぜてもらって3人で飲みながら語れたらなぁと妄想♪ 根がアナログ派の私だが、聴きたい音楽がすぐ聴けて読書の楽しみがさらに広がる現代にやはり感謝せずにはいられない。 2020/04/09

Yukicks

19
音楽評論を見ると何故か聴く気が失せる僕ですが・・・。ここで紹介されている音楽は全てが輝きに満ちています。好きな小説に出てくる音楽が魅力的なのと同じように・・・それぞれの人生と固く結びついた音楽というものは魅力にあふれている。 音楽が個人的は体験であることを再認識できた。感動的な本。 個人的には、 又吉直樹 「二十三歳の僕を救ってくれた音楽」 山田ズーニー 「骨になれ、音に身投げしろ! 」 角田光代 「あなたの本物」 が好きです。2013/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6726229
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。