KAWADE夢新書<br> 見抜く力―結果を出す人はどこを見ているか

個数:
電子版価格 ¥979
  • 電書あり

KAWADE夢新書
見抜く力―結果を出す人はどこを見ているか

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 14時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 187p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309504322
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0211

出版社内容情報

すべては「見た目」に表れているのに、なぜ感受できる人とできない人がいるのか?「目の付け所が違う人」になれる本!

内容説明

見た目から真実を見抜き、結果を出す人がいる。コミュニケーションに限らず、仕事には「受信と発信」が不可欠だが、そうした人は五感で受信し、トライ&エラーを恐れず発信するから結果的に見抜く力が養われるのだ。竹内流「目の付け所」から「受信・発信力の鍛え方」までを授ける書!

目次

1章 結果を出す人は何を見ているか、どこを見ているか(物干し台の洗濯物には宝の山が眠っていた;経費節約の隙間に、ビジネスチャンスあり ほか)
2章 心がまえ、思考、動作…結果を出し続ける人の共通点(先入観を持たない;“小さな違和感”に気づく ほか)
3章 自分と他人を客観的に見るための心理法則(人は、自分が利用しやすい情報を重視する;フレーミング効果の影響は大きい ほか)
4章 見抜く力は五感で「受信」してこそ育まれる(究極の発信は受信である;キャッチボールが難しいのは「聞いていない」から ほか)
5章 受信したものを、いかにオリジナルな「発信」につなげるか(発信は、自己肯定感から始まる;仕事を「流す」と発信力は落ちる ほか)

著者等紹介

竹内一郎[タケウチイチロウ]
1956年、福岡県生まれ。横浜国立大学教育学部心理学科卒。一般社団法人演劇集団ワンダーランドを主宰。宝塚大学東京メディア芸術学部教授。劇作家・演出家として活躍する一方、さいふうめい名義で漫画『哲也 雀聖と呼ばれた男』の原案を担当し、講談社漫画賞を受賞。ベストセラーになった『人は見た目が9割』など、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひめぴょん

8
著者は非言語コミュニケーションの専門家。はじめにで「「遍界不曾蔵(へんかいかつてかくさず)」」見えているはずなのにしっかり見ていないと指摘していました。そして、しっかり見ることの例として高額所得のタクシー運転手を挙げて本当にいい情報は本にもインターネットにも書かれていなくて、自分で観察し、予測し、成功法則を編み出していることを示していました。優秀な販売員は自信からくる他の人とは違った面構えをしている。人が困ることがあれば、そこには商機が潜んでいる。→よく聞くことです。長生きの秘訣は、知力でも体力でもなく「2022/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19049793

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。