KAWADE夢新書<br> 「カーボンニュートラル」水素社会入門

個数:

KAWADE夢新書
「カーボンニュートラル」水素社会入門

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年05月23日 13時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 190p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309504285
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C0236

出版社内容情報

水素は発電所や乗り物の動力源をどう変える?その仕組みは?求められるブレイクスルーは?…疑問に答え、一から解説!

内容説明

脱炭素にむけて世界が目標を掲げ日本も水素の活用に取り組み始めた。水素からエネルギーを生み出す方法とは?製造、貯蔵、輸送はどうするのか?水素だけが秘める、革命的な可能性とは?きたる「水素社会」の全貌を、一から解説!

目次

1章 「水素社会」の革命的な仕組みとは
2章 日本の問題解決を担う水素エネルギー研究
3章 いかにして水素を“つくる”のか
4章 水素を“貯める・運ぶ”ための最新技術
5章 社会や暮らしはどう変わるのか
6章 水素エネルギーのメリットと課題とは
7章 世界の水素利用はどこまで進んだか
終章 2030年、エネルギー革命への道

著者等紹介

西宮伸幸[ニシミヤノブユキ]
国立研究開発法人科学技術振興機構革新的水素液化プロジェクトプログラムマネジャー。水素エネルギー協会前会長(現・顧問)。日本大学理工学部非常勤講師。国立研究開発法人物質・材料研究機構招聘研究員。1974年、東京大学理学部化学科卒。通商産業省工業技術院、富士フイルム、豊橋技術科学大学などを経て、日本大学理工学部物質応用化学科教授・特任教授、一般社団法人水素エネルギー協会会長、国立研究開発法人物質・材料研究機構エグゼクティブアドバイザーなどを歴任した。長年、水素吸蔵合金の開発に携わり、水素研究の第一人者である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

でんがん

3
水素社会について簡潔にかつ網羅的にまとめられていて良い本でした。エネルギーキャリアとして活用できる点が水素の強みだと思いました。風力、太陽光の欠点を補うという点で、欠かせない存在になるのではないかと思いました。2022/05/02

shiroe_42

0
水素のエネルギーキャリアとしての高いポテンシャルを、分かりやすく説く。課題はコストなのだろうけれど、使用が広がりコストが下げられれば、普及しそう。エネルギーの「通貨」のような働きができそうだ。2022/05/10

はせがーとも

0
水素の特徴や期待される用途についてわかりやすく述べられている。特にエネルギーキャリアとしての蓄電池との違いについて知れてよかった。著者は水素の研究者のため主張はやや水素贔屓に感じたが、確かにある一定の用途では水素の利用が広がる可能性があると思った。2022/05/09

Elevatedflat

0
ここ最近はウクライナ問題で鳴りを潜めていますが話題の水素利用について非常にわかりやすく書かれています。問題点も明瞭に説明されており,中高生でも十分理解できる言葉遣いで,著者がこの分野を本当に突き詰めて研究されているのが伝わります。水素の利点や欠点を知りたいという方にはぜひおすすめです。2022/02/27

sgtM_teddy

0
仕事で水素革命の末端に関わっているので、昨今の水素をとりまく状況を理解するにはとてもお薦めの本。文体もわかりやすく書かれており、研究者にありがちな難解な専門書という事がなく読んでて面白かったです。個人的には水素燃焼による発電に頑張ってほしいなと。石炭火力とあわせて日本技術陣の頑張りを認められる様になってほしいと思うばかりです。調べてて理解はしていましたが、水素の性格って本当に興味深い。こんなにおもしろい気体(元素)はないなぁ。2022/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18336313

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。