KAWADE夢文庫<br> 関西の私鉄格差―近鉄・南海・京阪・阪急・阪神

個数:

KAWADE夢文庫
関西の私鉄格差―近鉄・南海・京阪・阪急・阪神

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月16日 20時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309485966
  • NDC分類 686.216
  • Cコード C0165

出版社内容情報

「私鉄王国」関西を走る近鉄・阪急・南海・京阪・阪神の大手5社は、どんな違いと強みをもっている? 車両、ダイヤ、運行、路線、駅、サービス…などのキーワードから、それぞれの魅力を読みとく!

著者情報
1987年兵庫県生まれ。神戸大学大学院国際文化学研究科修了。関西の鉄道や中欧・東欧の鉄道旅行をテーマとした執筆活動を行なう。著書に『ロシア・ヨーロッパの鉄道旅行について書いてみた』(パブフル)がある。

内容説明

私鉄王国・関西のトップランナーは大手5社のうちどこか?運行ダイヤの工夫、自慢の車両、路線の広がり、サービスの充実…鉄道各社の優劣を興味深い視点から浮き彫りに!

目次

格差1 近鉄、南海、京阪、阪急、阪神のプロフィールを比較する
格差2 近鉄、南海、京阪、阪急、阪神の運行ダイヤを比較する
格差3 近鉄、南海、京阪、阪急、阪神の車両を比較する
格差4 近鉄、南海、京阪、阪急、阪神の路線を比較する
格差5 近鉄、南海、京阪、阪急、阪神の駅を比較する
格差6 近鉄、南海、京阪、阪急、阪神のサービスを比較する
格差7 近鉄、南海、京阪、阪急、阪神の経営戦略を比較する

著者等紹介

新田浩之[ニッタヒロシ]
1987年、兵庫県生まれ。2013年、神戸大学大学院国際文化学研究科修了。関西の鉄道をはじめ、中欧・東欧・ロシアの鉄道旅行、歴史について神戸市で執筆活動を行なっている。2018年より、チェコ政府観光局公認の「チェコ親善アンバサダー」を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うどん205

1
関西私鉄大手5社をダイヤ、車両、サービスなどの面から比較している。各社共に個性的で、それぞれに優れている点があり単純に優劣を付けられるものではないため、タイトルの「格差」はやや大袈裟に感じる…… 関西大手私鉄5社のうち、朝ラッシュ1時間あたりの輸送人員が最も多かった区間は、阪急神戸線 神崎川→十三間で30,488人(2021年度)2023/01/31

niz001

0
出先で購入。格差ってほどでもない。2023/11/16

smallflyXX_nero

0
立ち読み まあまあかな、としか。。 情報を集めました、って感じ。2023/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20373515
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。