KAWADE夢文庫<br> 口ぐせの心理学―200の「つい使う言葉」からホンネが透けて見える!

個数:

KAWADE夢文庫
口ぐせの心理学―200の「つい使う言葉」からホンネが透けて見える!

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2021年04月23日 06時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 219p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309485522
  • NDC分類 140
  • Cコード C0111

出版社内容情報

“よく使う言葉”はしぐさや態度以上に本心を表すもの。「忙しい」「われわれ」「なるほど」…200の口ぐせから相手を丸裸にする!

内容説明

人の言うことを額面どおりに受け取ってはいけない。ことに特徴的なワードには、言葉とは異なる本心が隠されている。裏腹な心理が自在に読み解ける書!

目次

1章 たとえば「ふつうは」を好んで使う人は?会話によく出るあのフレーズに潜む心理
2章 たとえば「一応」は頑固者の常套句だった!ちょっとした口ぐせに表れる意外な心理
3章 たとえば「考えておきます」の真意とは ビジネスの決まり文句から読みとける心理
4章 たとえば「怖い」を連発する人はビビリなのか そのまま受け取っていい?感情を訴える言葉の心理
5章 たとえば「別にいいけど」ってどういう意味?聞き流せないひと言に隠された心理
6章 たとえば「昔は良かった」と嘆くのは?どこかで聞いたセリフをあえて使う人の心理

著者等紹介

牧村和幸[マキムラカズユキ]
心理研究家。大阪府生まれ、関西大学法学部卒。幼少時より人間心理に強い興味を持つ。高校時代より独学で心理学と東洋哲学を学び、関連する文献を5000冊以上読破する。実生活での体験も反映させ、人間心理のポータルサイト「今すぐ使える新時代の心理学講座」を2014年11月にスタート。2020年9月までに累計8000万アクセスを達成、「本当に役立つ!」と多くの読者の支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。