KAWADE夢文庫<br> 思わず興奮する性生活の日本史

個数:

KAWADE夢文庫
思わず興奮する性生活の日本史

  • ウェブストアに28冊在庫がございます。(2020年11月25日 19時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 217p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309485515
  • NDC分類 384.7
  • Cコード C0121

内容説明

古来、わが国には「純愛」も「不倫」もなかった。しかし奔放すぎる文化は徐々に変質していく。それはなぜか?興奮必至のSEXクロニクル!

目次

近代百年を除いて、日本人は世界一奔放だった―プロローグ
1章 乱交、よばい、多夫多妻…いにしえより日本は多淫の国だった
2章 「不倫」の二文字がない貴族社会と「男色文化」を興隆させた仏教界
3章 武家の「性」は無粋・不自由になるが庶民はいよいよ奔放だった
4章 徳川幕府の統制もなんのその!江戸の性文化は爛熟をきわめる
5章 明治以降、なぜ日本人は“性の統制”を受け入れたのか
そして、日本人の淫欲はよみがえる―エピローグ

著者等紹介

玉造潤[タマツクリジュン]
1966年、神奈川県生まれ。同志社大学文学部卒。出版社勤務を経て1995年に独立。歴史、衣食住など日常生活や風習の分野のライターとして精力的に取材をこなしつつ、古代から現代までの「日本人の性と文化」の資料集め・執筆をライフワークとする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

昔の日本はやっぱり「性におおらか」だった? 時代や身分で大違いだった「日本人のセックス事情」の変遷に驚く本!