河出i文庫<br> 禁断のたわむれ

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出i文庫
禁断のたわむれ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年12月14日 22時10分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309481852
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

美貌の若き義母、物静かな顔の下に欲情を隠した嫁、夫の親友と関係を結ぶ淫らな人妻…。女たちの禁忌に満ちた性愛を描く傑作アンソロジー。

著者等紹介

八神淳一[ヤガミジュンイチ]
1962年生まれ。西南学院大学卒業後、雑誌編集などに携わった後、作家デビュー

渡辺やよい[ワタナベヤヨイ]
早稲田大学在学中に「花とゆめ」で漫画家デビュー。その後、レディースコミックに移行し、「レディコミの女王」の異名をとる。漫画だけではなく、小説・エッセイ・コラムなど幅広いジャンルで創作を続ける。2002年、小説『そして俺は途方に暮れる』(双葉社)で新潮社の第二回R‐18文学賞読者賞を受賞

深草潤一[フカクサジュンイチ]
立命館大学文学部卒。出版社勤務時代に数々の官能作品を担当・編集。自らも執筆活動を始め、後に官能作家としてデビュー

鷹澤フブキ[タカザワフブキ]
OL・秘書などを経て、1999年『禁虐のオフィス』で官能作家としてデビュー。熱烈な刺青愛好家でもある

末廣圭[スエヒロケイ]
京都生まれ。約四十年間雑誌編集に携わるが、総合月刊誌編集長の職を最後に作家活動を開始。現在、フィリピンに拠点を構え、鮮烈で密度の高い官能小説を次々と発表し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。