河出i文庫<br> 肉の輪舞

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

河出i文庫
肉の輪舞

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月20日 17時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 291p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309481814
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

愛人への復讐のため、その妻・秋子を男達と誘拐、陵辱する江梨子(『肉の輪舞』)。自暴自棄になった男達に拉致され屈辱的な行為を受けるうちに思いもよらぬ快感を覚え始めた美しき女優・小夜子(『あの女優を犯せ』)。甘美な屈辱に身を任せる女達の姿を描いた団鬼六珠玉の短編集。

著者紹介

団鬼六[ダンオニロク]
1931年滋賀県彦根市生まれ。関西学院大学法学部卒業。57年に「文藝春秋オール新人杯」を受賞、作家活動に入る。『花と蛇』『肉の顔役』『夕顔夫人』などで嗜虐官能小説の第一人者となる。89年に断筆。95年『真剣師小池重明』で執筆を再開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「そら開くんだ。臓物まではっきりむき出しにするんだよ」浩二と三郎の手で白足袋をはいた秋子の両足はキリキリと左右にたぐられ――。甘美な屈辱に身を任せる女たちの姿を描いた団鬼六珠玉の短編集!