河出i文庫<br> 未亡人の秘唇―官能アンソロジー

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出i文庫
未亡人の秘唇―官能アンソロジー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月12日 11時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309481746
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

内容説明

愛する夫を亡くし悲しみにうちひしがれながらも、熟れた体を持てあます未亡人たち。黒衣を脱ぎ捨て、白い肌が禁断の快楽に身悶える。

著者紹介

館淳一[タテジュンイチ]
1943年、北海道生まれ。日本大学芸術学部卒業後、芸能記者等を経て1975年「別冊SMfan」にハードバイオレンス小説「凶獣は闇を撃つ」を発表し作家デビューする。以降、主にSM小説を発表し続けている

鳳春紀[オオトリハルキ]
1954年生まれ。ヨーロッパの大学の博士課程に学び、帰国後は翻訳から著述業に転身する。硬派な書物を本名で執筆するかたわら、これまでにないリアルな官能表現を目指している。フランス書院文庫第一回新人賞受賞

渡辺やよい[ワタナベヤヨイ]
早稲田大学在学中に「花とゆめ」で漫画家デビュー。その後、レディースコミックに移行し、「レディコミの女王」の異名をとる。漫画だけではなく、小説・エッセイ・コラムなど幅広いジャンルで創作を続ける。2002年、小説『そして俺は途方に暮れる』(双葉社)で新潮社の第2回R‐18文学賞読者賞を受賞

霧原一輝[キリハラカズキ]
1953年愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒業。エロスを追求しながらさまざまな文筆業を続け、2006年『恋鎖』(双葉社)で霧原一輝としてデビュー。「大人の男性が元気になる官能小説」を目指し、たちまち読者の熱い共感を得る

子母澤類[シモザワルイ]
石川県加賀市生まれで、金沢市で育つ。京都の短大を卒業後に上京。設計事務所に勤務しながら小説を書きはじめ、官能小説を中心に執筆活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)