河出文庫<br> 世界の歴史〈8〉イスラム世界

電子版価格 ¥990
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
世界の歴史〈8〉イスラム世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 408,/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784309471679
  • NDC分類 209
  • Cコード C0122

内容説明

世界史の重要な鍵をにぎるイスラム文明圏、その苦闘と栄光を描いた第一級の概説書。聖戦の宿命に生きる民族の歴史。

目次

ササン朝ペルシア
アラビアとイスラム
預言者、マホメット
メディナのカリフたち
ウマイヤ朝時代
揺らぐ世襲貴族王朝
黒旗、黒衣の時代
バグダードの栄華
マグリブとアンダルス
ブワイヒ朝とファーティマ朝
チュルクとモンゴル

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆったま

5
こちらも「西域」と同様イスラム史の概観という印象。いくつもの王朝が勃興し、滅ぶ。その度ごとにそれぞれの王朝の物語がそこにはあるのだ、という作りになっている。多分歴史地図帳や年表などを片手にしながら、ゆっくりその栄枯の様を追っていくのが正しい読み方なのだろうと思う。もう少しイスラムの教義や精神性にも触れた内容になってくれると嬉しかったが、これ一冊では求めすぎか。だが世界史と言えばヨーロッパ中心の精神史の事だ、という中で、まさに「東洋的専制主義」とは違った歴史の可能性もあることを、どこか垣間見せているとも思う2020/03/22

牧神の午後

4
ササン朝ペルシアからコンスタントノープルの陥落まで、1000年以上の内容が詰まっているので、どうしても記述に濃淡が出てくるのはやむをえないのだけれど、ムハンマド、十字軍、スレイマン大帝など主立ったエピソードは十分に押さえられているので非常に見通しがよかった。2019/02/12

xin

3
ササン朝時代からイスラムの勃興、グラナダ陥落までを中東を中心にその周辺地域までを捉えていてしかも人物主体でわかりやすい。一般向け通史とはこうあるべき。2016/03/11

フェイ

2
近年話題のイスラムの源流を学ぶ。ササン朝ペルシアの時代からオスマントルコのコンスタンティノープル陥落&レコンキスタ完了までを流れるように語る。前巻の大唐帝国も密度が濃くて覚えられない国や人が多かったが、こっちはその比じゃない。なんといってもイラクからイベリア半島までのイスラム領域の国々がドンドン出てきては消えていくためだ。ただ、イスラム世界での歴史の流れをここでつかんでおけば、今後の糧になるだろう。文中で気になる単語はネットで検索するなり専門書を読めばいいだけだ。その意味では得るモノは大きかったと思う。2015/01/28

moomin

1
このへんの歴史をさくっと概観できてよかった 中国もそうだけど、こういう地味の肥えた場所は文明の中心になっては蛮族が侵入して、そいつらが文明化されると次の蛮族が... をひたすら繰り返すキリングフィールドと化している。 いくつもの民族が文明に取りこまれ、軍事的に弱体化し、そのアイデンティティは希釈化されていく… だからこそ彼らの残したものが有機的に重なり合って総体としての文明を形成していく様子を注意深く見なければいけず、そこがこの辺りの地域の歴史を自分が難しく感じる理由かなと思った。2019/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10160

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。