河出文庫<br> 世界の歴史〈7〉大唐帝国

電子版価格 ¥880
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
世界の歴史〈7〉大唐帝国

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 425,/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784309471662
  • NDC分類 209
  • Cコード C0122

内容説明

中世とは何か、大唐帝国の統一を歴史全体の観点から捉え、数量史観で平易に描いた名著。

目次

谷間の時代
天下三分
西晋の統一
民族大移動
江南の別天地
南風競わず
胡馬のいななき
新軍閥の勃興
大唐帝国
唐王朝の変質
中国中世の終幕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

牧神の午後

3
タイトルの唐に至までが長く、大半は南北朝、五胡十六国で、そして隋を駆け足で通り越して、唐の分量もこんなもの?と少々肩透かし。ただ、随所に見られるヨーロッパ同時代、中世との比較は興味深く、ある意味人間の営みなんて似通ってくるのか、とすら思える。2018/11/10

kapo54

2
魏晋南北朝を丁寧に解説することで、唐朝の性質も分かるという構成。なので、唐に関する記述は少ない。宮崎先生はいろいろな見方を提示してくれるので面白い。そして、中世ってほんと血なまぐさい。漢民族と遊牧民を文明と野蛮の対比にしてしまうのは、時代的制約からして仕方ないのだろう。それを補って余りある面白さ。2017/06/07

無職さん㌠

2
宮崎市定著『大唐帝国』再読。やっぱ何回読んでも面白いわ。漢化政策に転換した北魏が、カトリックを受容したメロヴィング朝に比せられていたが、それでいうと前秦=東ゴート王国かな?どちらも文明の正統継承者の東晋=東ローマとの抗争がきっかけで滅んでるし。2016/10/04

富士さん

2
前漢を都市国家の共同体として、ローマ帝国に等しいという論を初めて読んだ時は衝撃でした。中国はずっと中央集権的な領域国家で自治という観念と結びつかなかったのは、内面化された西洋的偏見なのかもしれません。中国史と西欧史のシンクロへの本書の言及は、それぞれの地域にはその場所に合った進み方が有り、しかも人の営みの枠内で大きく偏ることがないという文化人類学的な視点を感じます。その反面、理解不能な蛮行を何でも遊牧民に結びつけて理解しようとするのが目立つのは、この時代の宮崎先生の素朴な文明信奉が見えるような気がします。2015/09/25

MIRACLE

2
漢末から唐の滅亡(正確には、直後の五代十国時代)までの、740年間の歴史を、まとめた本(筆者は、この時代を「東洋的中世」と考える)。当時の中国は、権力だけが通用する時代だった。そのため、無数の王朝が、興亡をめまぐるしく、繰り返している(つまり、政治的に、不安定な時代だった)。筆者は、この様子を、一つひとつ、丹念に描くことによって、唐王朝の大統一が、いかに異例な出来事であったかを、明らかにしている。筆者は、この時代の複雑な政治の動きを、余裕すら感じさせる筆致で、見事にまとめている。筆者の力量に、感服した。2014/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15854

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。