河出文庫<br> 好き?好き?大好き?

個数:
電子版価格
¥891
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
好き?好き?大好き?

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月21日 20時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 184p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309467900
  • NDC分類 931
  • Cコード C0111

内容説明

「好き?好き?大好き?」「うん好き好き大好き」「なによりもかによりも?」恋人、家族、友人、果ては敵まで、さまざまな人間関係の内奥にひそむ感情の本質を、異才の精神科医は患者の声から聴きとり、詩の言葉へと昇華した。1976年の刊行から現在に至るまで、数多のサブカルチャーに霊感を与えつづける伝説的詩篇。

目次

ONE
TWO
THREE
FOUR
FIVE
SIX
SEVEN
EIGHT
NINE
TEN

著者等紹介

レイン,R.D.[レイン,R.D.] [Laing,Ronald David]
1927年、イギリス生まれ。精神科医、精神分析家。1951年、グラスゴー大学医学部卒業。軍医等として勤務したのち精神分析家として開業。伝統的な精神医学を批判し、デイヴィッド・クーパーとともに反精神医学運動を提唱、ドゥルーズ=ガタリらにも影響を与えた。89年没

村上光彦[ムラカミミツヒコ]
1929年、長崎生まれ。フランス文学者、成蹊大学名誉教授。1953年、東京大学文学部仏文学科卒業。2014年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アナーキー靴下

68
表紙のインパクトにやられてしまった。中身は詩というか、内面の殴り書きのような。彼と彼女の会話のパターンも多いが、一貫して一人の心の中を覗いている感じがする。言葉遊びに無限に付き合ってくれる他者なんて存在しないし、もしいるとしたら、それは相手を別の人間として尊重できていないのだと思う。でもこの感覚から私は未だに抜けきっていない証拠がタイトル、未だにこういうの言ってしまうな。この本は全体的に声と感じるけれど、私が内面の葛藤を声と認識するだけで、LINEやSNSに親しむ世代なら文字でイメージするだろうか。2023/11/16

100

46
精神科医がものした詩の数々、患者との対話・患者の告白の様な、患者との関係に作用された作者の心象の様な。詩の読み方は分からないし、一度では理解出来ないし、理解するには時間がかかる。無人島に一冊ってなったらこういう本なのか。魅力をミリキって訳す所、好き好き大好き。そのてーどです、自分…2024/01/29

踊る猫

35
言葉とは何のためにあるのだろう、と思う。意志を伝達するため? しかし、その意志というものはいつだって中途半端にしか伝わり得ない。伝わった意志だって、その人に内在する心理/認識の中でいかようにも歪みうる。つまり、完全なコミュニケーションなど幻想でしかない……ここまではいい。だが、ではどうして「にもかかわらず」ぼくたちは意志が疎通することをあきらめきれないのだろう。単純で幼稚な、だが深遠なこのアポリアをレインは実に稚気に富んだモノローグやダイアローグ、詩などで表現する。読みやすいが、なかなかナメてはならない本2023/12/02

Porco

20
先に読んだ『結ぼれ』は精神科医という経歴らしい、抽象的でも論理で組み立てられている本と感じたが、こちらは読んでもなんとも言えない。似通ったものとして挙げるのであればアウトサイダー・アートだろうか?むき出したそのままの感情と共に出されたであろう言葉。それを受けてレイン自身の内面から浮かびあがってきた数多の詩。素材の味を活かした料理や塩のみの味付けを“本物”と形容する時と同じ感覚か...だとしてもこれが似て非なるものであっても判別はできない。これは理解も共感もしてはならないものである気がする。2024/05/26

takka@乱読

17
確かXのタイムラインに流れてきて気になって読んだのだが、ゲーム『serial experiments lain』『NEEDY GIRL OVERDOSE』などの元ネタだとは知らなかった(この本の解説もにゃるらさんが担当)。まず何よりタイトルの『do you love me?』を『好き?好き?大好き?』に訳した人のセンスが光っている。このようなタイトルのとおり、中身は純粋で何が書いてあるのか全くわからないし、少し恐怖を感じる詩集。ただ、その「 」から「伝えるとは何か」が見えてくる。2024/04/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21525723
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。