河出文庫<br> 十二月の十日

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

河出文庫
十二月の十日

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月16日 15時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309467856
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

中世テーマパークで働く若者、愛する娘のために賞金で奇妙な庭の装飾を買う父親、薬物実験の人間モルモット……。ダメ人間たちの愛情や優しさや尊厳を独特の奇想で描きだす全米ベストセラー短篇集。

内容説明

愛する長女のために素敵な誕生パーティを開こうと格闘する父親、中世テーマパークで働き、思考も語彙も騎士となる男、人間モルモットとして感覚を増幅する薬を投与される若者たち…報われない人々の愛情や優しさや尊厳を、奇想に満ちた物語と独創的な文体で描きだす現代アメリカ最重要作家の傑作短編集。

著者等紹介

ソーンダーズ,ジョージ[ソーンダーズ,ジョージ] [Saunders,George]
1958年生まれ。卓越した想像力を駆使する現代アメリカを代表する作家。2013年、本書『十二月の十日』が全米ベストセラー。17年には長編『リンカーンとさまよえる霊魂たち』でブッカー賞受賞

岸本佐知子[キシモトサチコ]
翻訳家。『ねにもつタイプ』で講談社エッセイ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

60
どの人物も思い通りにいかない人生、無碍にされる親切心、擦り切れて荒みつつある心にあっぷあっぷしながらも突飛な妄想したり、薬物で素面でなくしたり、家族に縋ったりして何とか生きている。「センプリカ・ガール日記」の語り手は慎ましく生きている父親だが「本当にそうか?」と疑問に思う。確かに子供を大切にしているが、身の丈に合っていない贅沢を求めすぎているような気がするのだ。そしてセンプリカ・ガールの実態がエグイ。これがステイタスの一種にされる世界なんてまさにディストピアじゃないか。「スパイダーヘッドからの逃走」は2023/08/30

mayumi

21
新聞の書評に載っていて、面白そうだなと購入した作品。…面白そうだと思ったんだけどね。うーん。これはちょっと私には合わないなあ。人の脳内垂れ流しみたいな文章、苦手なんだよね。かなり汚い言葉遣いの連呼もあり、読んでいて辟易した。ただ、ラストの表題作「十二月の十日」は良かったな。自分が辛い状況であっても、目の前の人を見捨てない。優しい人達の話だと思った。2023/11/11

ふりや

18
日常の中にありながらつい見過ごしてしまいそうになる、決して報われない人たちにスポットライトを当てた作品集。それぞれに様々な後ろ向きな状況に身を置き、そこから抜け出そうとする人たち。著者は彼らの優しさや尊厳をユーモラスな文体で描き出します。絶望的なシチュエーションでも最後の最後に希望を見い出せる締め方が心に沁みました。岸本佐知子さんの訳文も素晴らしいです。印象に残ったのは、『ビクトリー・ラン』『スパイダーヘッドからの脱出』『アル・ルーステン』『センプリカ・ガール日記』『ホーム』『わが騎士道、轟沈せり』など。2023/07/10

まさ☆( ^ω^ )♬

15
岸本佐知子さんの訳書という事で読みました。初読みの作家で、事前知識ゼロでした。いやはや、面白過ぎました。これは他の作品も読みたくなります。短編集は未訳ものもあるみたいなので、これから楽しみですね。「ビクトリー・ラン」「スパイダーヘッドからの逃走」「センプリカ・ガール日記」が特に面白かった。2023/07/16

コニコ@共楽

13
岸本佐知子さんが訳しているジョージ・ソーンダーズの本をみつけ、手に取ってみました。冒頭の「ビクトリー・ラン」から凄まじい世界。SFっぽい「スパイダーヘッドからの逃走」も映像が目に浮かび、オーウェルの世界を彷彿させました。特に印象深かったのが、「センプリカ・ガール日記」。カーヴァーのプア・ホワイトをもっとディフォルメした状況が描かれていきます。絵本の『大ピンチずかん』のように、ピンチの後に起こる大ピンチ、恐ろしすぎました。2024/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21330931
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。