河出文庫<br> パワー

個数:
電子版価格
¥1,485
  • 電書あり

河出文庫
パワー

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月13日 12時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 544p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784309467825
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

ある日を境に世界中の女に強力な電流を放つ力が宿り、女が男を支配する社会が生まれた――。ベイリーズ賞受賞、各紙ベスト10、「現代の『侍女の物語』」と絶賛されるディストピア小説。

著者情報
1974年ロンドン生まれ。オックスフォード大学で哲学・政治経済を学び、弁護士事務所等で働いた後、女性同士の恋愛を描いた『DISOBEDIENCE』で作家デビュー。4作目にあたる本書でベイリーズ賞授賞。

内容説明

ある日、女たちは手から電撃を発する強力な力を身に宿した。最強の力を持つ少女ロクシー、革命を追うジャーナリスト・トゥンデ、新たな宗教をつくろうとするアリー、勢いを増す政治家・マーゴット。男女の力が逆転した世界で、女たちの復讐がはじまる―。ベイリーズ賞受賞、世界三十か国以上で翻訳された衝撃作。

著者等紹介

オルダーマン,ナオミ[オルダーマン,ナオミ] [Alderman,Naomi]
1974年、ロンドン生まれ。オックスフォード大学で哲学・政治経済を専攻。弁護士事務所等で勤務後、イースト・アングリア大学でクリエイティブ・ライティングを学ぶ。2006年、女性同士の恋愛を描いた『DISOBEDIENCE』で作家デビュー。同作でオレンジ新人賞を受賞。4作目にあたる『パワー』はベイリーズ賞を受賞し、30か国以上で翻訳された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Shun

37
ジャンルはディストピア系SF小説。新世代の「侍女の物語」と例えられるだけあって、ストーリーは重々しく痛烈な皮肉に溢れている。また本作が書かれた経緯と近年の#MeToo運動との関連は興味深く、書かれるべくして生まれた作品なのかもしれない。時にアメリカではジェンダー等の関連書が禁書扱いされる州もあると聞くが、本書は隠れてでも読むべきだと言っても言い過ぎではないと思う。それほどに物語は刺激的で面白く、それでいて強烈な問題意識を読者に植え付ける。そして設定は意外にシンプルで男女の力関係が逆転した世界を描いている。2023/07/10

星落秋風五丈原

20
それぞれの場所で立ち上がる女性達がかっこいい!と思ってしまった。女性上位といえどやはり虐げられる場面は出てくる。2023/06/02

かおる

8
マフィアの娘だったり、胡散臭い新興宗教の教祖だったり、メインキャラクターの性質上、どうしてもバイオレンスな物語になってしまう。 女性支配の権利社会になっても、人間の暴力性がある限り根本は何も変わらない。ラストの手紙のやりとりにある「男性の支配する世界の方がやさしく、穏やかで、愛情に満ち、本質的に慈しみ深い世界だろうと感じます」は皮肉を通り越して、もはやイヤミですね。2023/06/08

てっちゃん

5
トランプ大統領の誕生や#Me too運動の高まり等の時代背景を考えると、書かれるべき小説だったんだと思う。読み応え十分のディストピア小説だ。2023/05/23

ナカユ〜、

4
男だってなぁ男に殺されるんだよ!、と言うのは少し冗談ですが、少しエンタメに偏りが見えてそこに胸やけするんだけれども、しかしよくここまで書ききったと驚愕もする、男の暴力性は向かいどころに問題があって、そこをうまく突いてきて降参です、2023/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21006666
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。