河出文庫<br> 偶像の黄昏

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
偶像の黄昏

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2021年09月23日 13時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 225p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309464947
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0110

出版社内容情報

ニーチェの最後の著作が流麗で明晰な新訳で復活。ニーチェ哲学の究極的な到達であると同時に自身によるニーチェ入門でもある名著。

内容説明

「この著作は、一箇の魔神、しかも笑う魔神である」―「すべての価値の価値転換」を構想する中で、自身の思想の見取り図として書かれ、自ら「最も本質的な異端思想の要約」と呼ぶニーチェ最後の思想が凝集された究極の書が第一人者の鋭利にして詩的な新訳で甦る。ヨーロッパ文化を支配するあらゆる「偶像」を鉄槌で破壊しながら、「生成の永遠の喜悦」を呼び寄せる、いまだに新しいニーチェ哲学の精髄。

目次

箴言と矢
ソクラテスという問題
哲学における「理性」
いかにして「真なる世界」はついに寓話となったか―ある誤謬の歴史
反自然としての道徳
四つの大きな誤謬
人類の「改善者」たち
ドイツ人には何が欠落しているか
反時代的人間の渉猟
私が古代の人びとに負うもの
鉄槌は語る

著者等紹介

ニーチェ,フリードリヒ[ニーチェ,フリードリヒ] [Nietzsche,Friedrich]
1844‐1900

村井則夫[ムライノリオ]
1962年生まれ。中央大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ころこ

37
本が薄く、中身がアフォリズムで、訳文が通読しやすいため、初めてニーチェを読むにはうってつけの本です。くだらないと思うかも知れませんが…「偶像」とはニヒリズムのことです。「偶像」といえばキリストですが、キリスト以前のソクラテスも、容貌が醜悪で賤民のルサンチマンを抱えていたとして批判の対象となっています。ニーチェの偶像批判は超越論的仮象の観点が所与のため、思い付きを言いっぱなしのように聞こえるのが残念です。まあ、どの著作を読んでも、最もルサンチマンを抱えていたのは、他でもないニーチェ自身なのは明らかですが。2019/12/09

テツ

22
世界を、自らを取り巻く全てを見つめ探求する哲学から、今この瞬間に存在する人間を探求すること。つまり自分自身を探求すること。自分と、世界、社会、膨大な他人との関係性について深く深く考察し、プライペートでは生真面目でおとなしかった姿からは想像もできないような攻撃性を溢れさせながら自らの哲学を構築していった(末に発狂した)ニーチェ。そんな彼の思想の全てが詰まったニーチェ本人による彼の哲学のダイジェスト版。狂気に呑み込まれるほどの生真面目さから生まれた勢いのある思想は鬼気迫る。久々に読みました。2019/09/22

yutorineet

14
ニーチェの著作のインデックス的な役割があり、ニーチェ自身によるニーチェ入門と扱える一冊。道徳批判、権力への意志、超人、ルサンチマン、デュオニソス的などニーチェを知る上で外せないトピックが箴言、断章を足場に駆け巡っていた。道徳が非道徳から生成してくるような動力学的記述や権力に無自覚な者への容赦ない批判には快哉を叫びたくなる。一方で優生思想を表立って肯定する部分には違和感が残る。2019/07/17

ふみふみ

9
私事ですが自分がニーチェ読むきっかけとなったのはコナンなんです。名探偵コナンじゃなく未来少年のコナン(古)でもありません、そう、シュワちゃん主演の映画「コナン・ザ・グレート」。冒頭にニーチェの箴言がドドーン!です。まあこれは監督のジョン・ミリアスの趣向らしかったのですが、その箴言が掲載された本書を手にして、最初のきっかけに戻ってきたんだなあという次第。閑話休題、本書は新訳で読みやすく、ニーチェ本人が自身の哲学入門書と言ってる通り入門書として最適だと思います。ソクラテスから始まってショーぺンハウアー、カント2021/07/20

Ex libris 毒餃子

5
ニーチェ晩年の著作。ニーチェのメインテーマである「偶像」について、多くのパースペクティブから論考を加えている。いつものアフォリズムもあり。『この人を見よ』はよく分からない展開だったが、こちらは分かりやすかった。2019/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13640289

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。