河出文庫<br> ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

河出文庫
ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 410p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309464565
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

伝説のコメディSF「銀河ヒッチハイク・ガイド」の故アダムスが遺した、もうひとつの傑作! 前代未聞のコミック・ミステリー。

内容説明

ケンブリッジ周辺で次々と発生する奇怪な事件に巻き込まれたリチャードは、旧友の私立探偵ダーク・ジェントリーに助けを求める。「あらゆる謎を万物の関連性から解きほぐす」と豪語するうさんくさすぎる探偵が調査に向かった先は!?『銀河ヒッチハイク・ガイド』のダグラス・アダムスが生んだ傑作、抱腹絶倒の奇想ミステリー。

著者等紹介

アダムス,ダグラス[アダムス,ダグラス] [Adams,Douglas]
1952‐2001年。英国ケンブリッジ生まれ。1978年BBCラジオドラマ「銀河ヒッチハイク・ガイド」脚本を執筆。翌年、この脚本を小説化した同名書が大ベストセラーとなり、小説は全5冊のシリーズになった。下積み時代、モンティ・パイソンの脚本に携わっていたこともある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かわうそ

32
前半はわけもわからず突拍子もない出来事の連続に翻弄されるので多少我慢が必要だけど、少しずつ物語がつながりはじめると一気に面白くなってくる。SF的ロジックを駆使してピースを絵柄にあてはめていく快感はなかなかのもの。続編も楽しみ。2018/03/10

りー

28
読みやすさにスイスイと読み進めていると突然量子論を振り回されて、おいおい世界観マジやべー!となるぶっ飛びSFミステリー。一応伏線をきっちり回収しているのでミステリーとして読んでも…いいのかなぁ。SFというガジェットに連なる細かい風刺が散りばめられていて、本筋も面白いがディティールも負けずに面白い。人の信じるという機能をアウトソーシングしてしまうなんて今後のビジネスにも繋がりかねない発想。続編も楽しみだ。2018/04/14

そふぃあ

27
めちゃくちゃ面白かった。前半は文脈がよく分からなくて読み進めるのに苦労したけど、後半は最高に面白い怒涛の伏線回収ラッシュだった。それに、さすがダグラスアダムス、言い回しがいちいち面白い。翻訳者の親切な前書きのお陰でコールリッジを知らなくても全然問題なく楽しめた。もちろん続編を購入しました。2018/04/28

本木英朗

24
英国のユーモアSF小説の大家である、ダグラス・アダムスの作品のひとつだ。俺は、『銀河ヒッチハイク・ガイド』だけは3回読んでおり、今回は抱腹絶倒の奇想ミステリを読んでみたのだが……。ケンブリッジ周辺で次々と発生する奇怪な事件に巻き込まれたリチャードは、旧友の私立探偵ダーク・ジェントリーに助けを求める!という話なのだが、後半1/3からさっぱり訳が分からなくなってしまった。うーん、ミステリという話ではなかったようだ。とりあえず以上です、はい。2021/08/24

ふりや

22
ダグラス・アダムスは『銀河ヒッチハイク・ガイド』の著者。タイトルから分かる通り「探偵小説」ではあると思うのですが「ミステリ小説」ではない、と思います。殺人事件が起き、探偵も登場するのですが話がどんどん途方もない方向に発展して行き、最終的には「あれ?SFだったのかな?」となりました。なんとも不思議な読後感です。特有のユーモラスな言い回しやジョークがいちいちツボに入って面白かったので、『銀河ヒッチハイク・ガイド』が好きな人には楽しめるんではないでしょうか?テレビドラマ化もされているようでちょっと気になります。2020/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12471144

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。