河出文庫<br> 類推の山

個数:

河出文庫
類推の山

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 243p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309461564
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

はるかに高く遠く、光の過剰ゆえに不可視のまま、世界の中心にそびえる時空の原点―類推の山。その「至高点」をめざす真の精神の旅を、寓意と象徴、神秘と不思議、美しい挿話をちりばめながら描き出したシュルレアリスム小説の傑作。“どこか爽快で、どこか微笑ましく、どこか「元気の出る」ような”心おどる物語。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

199
何ともとらえどころない小説である。言葉そのものが難解というわけではない。しかし、様々な意味において、従来の小説の規格からは外れている。小説の構造は『ガリヴァー旅行記』に似ていなくもないのだが、物語としてのコーダを欠いたままである。未完なのだろうが、そもそも完結するものなのかも不明である。「類推の山」は、いわば錬金術における「賢者の石」に他ならないのだろう。観念の中にしか存在しないはずの至高点をまさに小説によって実体化させる試み、あるいは螺旋渦巻きの曲面と鋭角に切断された平面とが隣り合せにあるような小説か。2015/03/06

翔亀

58
ブルトンのシュルレアリズムの至高点が表現された、と言われる。なくてはならないはずの未踏破の架空の山を極める本書によって。こうした文学史的な評価に難解そうだと怖れながら読んだが、登山をめぐる哲学小説の類ではなく、なんともワクワクする大人のファンタジー冒険小説ではないか。この至高の山を"科学的"に探索し、仲間で探検の準備をする楽しさは、すべて解決しまった現代においてありうるとしたら、こういう形になるのか、と楽しく読んだ。至高点に至る人生に終わりがないように、この小説も未完。寂しくも明るく元気が出る小説だ。2015/07/05

藤月はな(灯れ松明の火)

46
京都で開催されたルネ・マグリット展で購入。「類推」は、対象の相似点を分析しながらも対象同士は「同一」ではないこと。人々が「似ている/そっくりだ」と認識しているのも「類推」でしかなく、「同一」ではない。だけど人は対象を見ると「類推」し、その「類推」を共有することを押し付ける。そうしなければ、自分自身が所属する世界やその価値観、基準を否定することになってしまうからだ。「類推」に囚われたユング的我々に贈られた遊びに満ちた作品。2015/07/22

ドン•マルロー

39
これこそが真の小説と呼ぶにふさわしい代物なのかもしれない。もしも文学作品を創造すること、もしくはそれを読者として体感することが、現実でも幻想でもない、ある至高点への到達を目論む旅なのだとするならば。光の過剰ゆえに目で捉えられない、しかしこの時空の原点として絶対に存在しなければならぬ至高点ー「類推の山」を目指し、主人公たち一行は無謀な旅を企てる。まるで小説そのものの可能性を探究するかのように。この作品は未完である。しかし未完だからこそ「類推の山」は我々から遥か遠く隔てられた所に、厳然と高くそびえるのだろう。2015/12/26

yn1951jp

38
ソゴル師の屋根裏部屋の百科事典あるいは動植物園としての「内部の庭園、外部の頭脳」。すべての人が『剣の鞘』のようにもつ『空ろの人』は、石の中に住み、氷の中では水泡のようにさまよう。透明度が高く、予告されていない眼にはほとんど知覚できない結晶『ペラダン』は価値あるただひとつの実在。「ものいうやぶ」「わまわしむかで」「ふうせんけむし」などの未知の生物たち。まさに「非ユークリッド的にして、象徴的に真実を物語る、登山冒険小説」です。これは絵本にしてほしい、と思ったらすでに『空虚人と苦薔薇の物語』が!さすが巖谷さん!2015/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13237

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。