河出文庫 古典新訳コレクション<br> 平家物語〈2〉

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

河出文庫 古典新訳コレクション
平家物語〈2〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月20日 15時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 384p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309420189
  • NDC分類 913.434
  • Cコード C0193

内容説明

ついに合戦の火蓋が切られる!わが世の春を謳歌する平家一門。しかし以仁王の令旨に呼応して、頼朝、義仲を筆頭に、諸国の源氏の一族郎党が立ちあがる。宇治川の橋合戦、福原遷都、富士川の敗走、奈良炎上、倶梨迦羅落…次第に平家の旗色に翳りが見えはじめ、清盛が凄絶な最期を迎える。書き下ろし「後白河抄・二」収録。

目次

四の巻(厳島御幸―三歳の新帝誕生;還御―帰路の風雅 ほか)
五の巻(都遷―平家の悪行、頂点へ;月見―光源氏を偲び、宇治も偲び ほか)
六の巻(新院崩御―運命の年、陰鬱に明ける;紅葉―高倉院の逸話二つ ほか)
七の巻(清水冠者―源氏の両雄、その対立;北国下向―その狼藉 ほか)

著者等紹介

古川日出男[フルカワヒデオ]
1966年生まれ。98年『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞、日本SF大賞、『LOVE』で三島賞、『女たち三百人の裏切りの書』で読売文学賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やま

8
そして、2巻目もすぐに読む。途中で琵琶なんぞ出てくると、琵琶法師の語りを聞きたくなる。

misui

5
奈良炎上、清盛死去、木曽義仲、平氏都落ち。寺を燃やしまくったのがケチのつきはじめみたいな感じだけど実際はもっと要因があるのだろう。あと文覚さん一人だけ世界観が男塾じゃない?2023/12/17

ずず

2
面白かった2024/03/01

源次/びめいだー

1
面白いです。2024/03/22

りんご

1
以仁王の平家追討が出される。しかし以仁王は平氏によって命を落とす。そして高倉上皇も亡くなる。二人の子を亡くした後白河院の思いは。。。2023/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21597595
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。