河出文庫<br> 海の仙人・雉始〓(きじはじめてなく)

個数:

河出文庫
海の仙人・雉始〓(きじはじめてなく)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月21日 15時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 176p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309419466
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

孤独は心の輪郭であり、人生に課せられた最低限の荷物なのだ―宝くじに当たった河野は仕事を辞め、碧い海が美しい敦賀で独り暮らしていた。ある日、居候を志願する役立たずの神様・ファンタジーが訪れ、奇妙な同居生活が始まる。孤独の殻にこもる河野だったが、彼に想いを寄せる二人の女性が訪れ…。傑作短篇「雉始〓」を文庫初収録。第55回芸術選奨文部大臣新人賞受賞作。

著者等紹介

絲山秋子[イトヤマアキコ]
1966年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、住宅設備機器メーカーに入社し、2001年まで営業職として勤務する。2003年「イッツ・オンリー・トーク」で文學界新人賞を受賞しデビュー。2004年「袋小路の男」で川端康成文学賞、2005年『海の仙人』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、2006年「沖で待つ」で芥川賞、2016年『薄情』で谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

路地

47
話の筋だけを追うと救いのない物語だけど、なぜか悲壮感を感じないのは登場する2人の女性の強さによるものか。それとも、繊細ながらもどこか飄然としている主人公の佇まいからくるのか。良いことも悪いことも受け入れることが人生であることを諭すような神の言動も軽いのになぜか心に沁みる。2023/04/27

サンタマリア

42
『海の仙人』は再読。やっぱりいいね。ファンタジーって、薄暗い部屋で自分と向き合った時に生まれるんかな?『お前さんが過去にしか生きていないと言うのなら、それは未来に対する冒瀆というものだ』という一文を心に引っ掛けながら読んだ。なんだったらまだ引っ掛かってる。オオヤドカリの白い貝殻や黒真珠のネックレスといった小道具の使い方上手いなぁとも思いつつ、新たな発見を楽しんだ読書でもあった。ただ、どうしても僕はこの小説を不穏だと感じてしまう。『雉始なく』も不穏な結びだし無力感さえ覚えた。2023/02/12

いっちゃん

24
小池アミイゴさんが描かれた表紙の絵がほしい。インスタ追いかけてみたら、描いた時の詳細がありました。ますますほしい。仙人てファンタジーを指すのかと思っていたら、主人公の河野のことでした。覇気のない男で、女に甘えてばかりで河野好きじゃないなと思ってたけど、想像より重い秘密を抱えていて、不憫でした。河野のあだなの由来のとこで笑わない人いる?かりんは健気過ぎな。片桐も。女子たち河野に対して健気過ぎ。たいした男じゃないのに。でも多分、恋ってそういうもんなんだよね。お手紙形式の雉始なくは、終わりにぐるんとなるお話。2023/04/11

しゅん

21
絶版になっていた大好きな作品「海の仙人」が短編も追加され復刊。宝くじで3億円を当てたことで仕事を辞め福井県の敦賀で仙人のような生活をおくる男の出会いや別れを描いた作品。ファンタジーという謎の存在との会話だったり孤独や寂しさの描き方が秀逸で読み終えた後に静かな感動が込み上げてきて200ページ以内の作品では最高傑作だと思う。この作品を絶版のままにしておくのは非常に勿体ないと思っていたので河出文庫での復刊は本当に…本当に嬉しい。2023/02/12

なほこ

19
パケ買い。宝くじを当てた男が仕事を辞めて、海の近くで仙人の様に暮らす話。登場人物それぞれの孤独と人生がゆったりと描かれていて、心にすっと入ってくる文章だった。2023/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20549444
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。