河出文庫<br> 人類よさらば

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

河出文庫
人類よさらば

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月03日 17時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 311p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418636
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

人類復活をかけて金星に飛ぶ博士、社長秘書との忍法対決、信州信濃の怪異譚…ドタバタが炸裂! 筒井康隆ショートショート・短編集。

内容説明

人類復活を目指して地球を脱出した博士、大怪獣の登場、企業秘密をめぐって社長秘書との忍法対決、黄金の家の秘密、マッド社員シリーズ、信州信濃の怪異譚、真夜中の天井に見たもの…奇想とドタバタが炸裂!文庫初収録作を多数収めたオリジナル編集でおくる、筒井康隆ショートショート集。

著者等紹介

筒井康隆[ツツイヤスタカ]
1934年、大阪市生まれ。同志社大学文学部卒。60年、SF同人誌「NULL」を創刊。江戸川乱歩に認められ、「お助け」が「宝石」に転載される。65年、第1作品集『東海道戦争』を刊行。『虚人たち』で泉鏡花文学賞、『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎賞、「ヨッパ谷への降下」で川端康成文学賞、『朝のガスパール』で日本SF大賞、『わたしのグランパ』で読売文学賞、『モナドの領域』で毎日芸術賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

108
1960年代から1970年代前半に書かれたものをまとめた本。高校生ころから筒井康隆にハマって新しい本が出ると何度も読み返したことを思い出した。2ページくらいの短編はその面白さが凝縮されたオチが大好きだった。本書にある「信州信濃の名物は」。「クラリネット言語」はクラリネットを購入して楽器の仕組み。練習する様が書かれているだけでもそれが面白い。そして一時期ペンを置いた理由にもなった差別用語がどんどん出てくる。いまのマスコミは絶対の禁句がぞろぞろ。でもそれがなぜいけないのだろう。本質は今もわからない。図書館本2022/02/04

keroppi

80
筒井康隆の初期ショートショート集。単行本未収録の作品含まれているとのことで読んだ。筒井康隆のドタバタがなんか懐かしい感じだが、更利萬吉のマッド社員シリーズが特に面白かった。書かれたのは「就職ジャーナル」というのが笑える。ここで取り上げられる転職、テレワーク、テレビ会議が、今や常識となっていて、書かれた1971年では、とんでもない未来予想のギャグであることが更に笑える。筒井康隆の未来予想は凄い。2022/04/10

KDDIそっくりおじさん・au寺

71
今まで文庫本未収録だったショートショート集だが、これぞ私の好きだったあの筒井康隆である。もちろん未収録だっただけはある微妙なものも無い事はないのだが、この才気溢れる芸達者振りと切れ味、笑いのセンスの鋭さ、久しぶりの筒井康隆を堪能した。社長秘書忍法帖のナンセンス、マッド社員・更利萬吉の無茶苦茶、岩見重太郎や児雷也の講談模写、クラリネット使用法の絵入り写真入り小説(ほぼエッセイなのだが)、一方で多幸感が素敵な『EXPO2000』、眉村卓との合作、どれも面白く軽快に読書が進んだ。かつてカリスマだった証明の1冊。2022/02/15

オーウェン

62
筒井康隆さんのショートショート集。 たった2ページでもキレイにオチが出来上がるのが特徴で、短い方がより切れ味があるように感じる。 表題作の最後の1文なんて皮肉としか言いようがない。 連作集になるサラリーマンの更利萬吉シリーズも面白い。 マッド社員の名の通り、奇抜な考えで未来を見据えたアイデア。 それれがことごとく会社にもたらす混乱。 退職ではそっちの職業に行くのかと、笑える結末も待っている。 後書きではまだ未読のショートがあるらしいので、そちらもぜひ刊行してほしい。2022/04/10

優希

54
面白かったです。未発表の短編を集めた1冊のようです。数ページの作品とはいえ、筒井節は健在ですね。起動店外の短編集といえますね。筒井ワールド健在です。2022/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19035977

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。