河出文庫<br> マスードの戦い―アフガニスタン伝説の司令官 (増補新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
マスードの戦い―アフガニスタン伝説の司令官 (増補新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月13日 05時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 307p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418537
  • NDC分類 226.2
  • Cコード C0131

出版社内容情報

もし彼が生きていたら「アフガンの今」は全く違っていただろう。民衆に愛された、反タリバン運動の司令官を通して描くアフガンの真実

内容説明

タリバンに抗し、米国同時多発テロの二日前に暗殺されたアフガン民衆の伝説の指導者―彼はなぜ歴史を背負わねばならなかったのか?諸外国の干渉と民族対立でテロの温床となった祖国に、自由と平和を取り戻すため戦った英雄の姿、その人間的魅力を、ゲリラ戦の根拠地で生活を共にした写真家が活写した渾身のルポ。息子マスード二世が父の遺志をつぎ立ち上がった最新の状況を加筆。

目次

マスードよ、安らかに眠れ!
1 アフガニスタンへ
2 パンシール
3 マスードの戦い
4 ヒンズークシを越えて
5 統一戦線へ
6 戦士群像
マスードの見た夢
その後のアフガニスタンとアフマドの戦い(二〇〇二年~二〇二一年)

著者等紹介

長倉洋海[ナガクラヒロミ]
1952年、北海道釧路市生まれ。同志社大学在学中、アフガニスタン遊牧民と接触。通信社を経て、フリーランスのフォト・ジャーナリストに。ソ連軍侵攻下のアフガニスタンで、祖国の自由と独立を求めて戦いを続けるアフマド・シャー・マスードと出会い、以後十七年にわたって撮影、親交を深める。ほかにもエルサルバドルやコソボの紛争地の人々、シルクロードの長期取材も行った。著作に『マスード 愛しの大地アフガン』(土門拳賞)等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nishiyan

14
タリバンと戦い、米国同時多発テロの二日前に暗殺されたアフガン民衆の伝説の指導者マスード。ソ連軍との戦いから始まるアフガンの自由と平和を取り戻す激闘の日々と人間的魅力が溢れる素顔を描いたルポ。イスラム&アフガンの伝統的価値観VS共産主義から始まった戦乱は東西対立だけでなく、周辺国の思惑、世代間の対立も絡まったことで複雑怪奇な状況になったことがわかった。早くからタリバンの後ろに控えるテロ組織への警鐘を鳴らしていたマスードの先見の明。自身を顧みない英雄を失ったことでこの混迷は今も続くのだからやりきれない。2022/01/12

Yoshie

0
もう20年も経つのか2022/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18683408

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。