河出文庫<br> 葬送習俗事典―死穢の民俗学手帳

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

河出文庫
葬送習俗事典―死穢の民俗学手帳

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2021年10月22日 04時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418230
  • NDC分類 385.6
  • Cコード C0139

出版社内容情報

『禁忌習俗事典』の姉妹篇となる1冊。埋葬地から帰るときはあとを振り返ってはいけないなど、全国に伝わる風習を網羅。全集未収録。

内容説明

葬送の歴史は死の穢れを忌避する歴史である。死者の家の穢れをきらい、必ず飲食の火を峻別した。また、墓地や火葬場から戻る際は、必ずあとを振り返ることを禁じ、亡魂にとり憑かれないよう願った…。こうした日本全国各地に伝わる、今は風化した、あるいは何らかの形で遺った、さまざまな葬儀習俗を克明に網羅する。

目次

喪の始め
葬式の総名
二人使い
寺行き
枕飯
ひがわり
年たがえ
外かまど
忌の飯
葬具
入棺
出立ちの膳
仮門
野辺送り
棺舁ぎ
野普請役
墓葬礼
火葬
野がえり
墓じるし
墓地の種類
朝参り夕参り
喪屋・霊屋
釘念仏
願もどし
水かけ着物
荒火明け
仏おろし
忌中と忌明け
てまどし
仏の正月
新盆
月忌年忌
問い切り
所属未定

著者等紹介

柳田国男[ヤナギタクニオ]
1875年、兵庫県生まれ。旧姓・松岡。民俗学者。短歌、新体詩、抒情詩を発表。東京帝国大学卒業後、農商務省に奉職。貴族院書記官長をへて退官、朝日新聞社に入社。1909年、日本最初の民俗誌『後狩詞記』を発表、翌10年、『遠野物語』刊。民間伝承の会を主宰した後、戦後、日本民俗学会の初代会長に。文化勲章受章。著書多数。1962年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ワッピー

36
日本各地の葬送にかかる儀礼・用具の索引付き用語事典。喪の始まりから回忌(年忌法要)まで、34段階の儀礼風習を記録。事典の強みは、同一・類似・相違を明示できることで、背景となる言葉の由来や風習の変遷もうかがい知れる。土葬から火葬ヘの変化により、完全に忘れられた儀礼も多いと思われ、柳田が持った「語彙の消失」への危機感は正しかったが、一方で形を変えながら現代に続いている風習もある。不祝儀の際に日常と穢れを区分する厳密性、埋葬までの魔除けの重視、埋葬後の獣害への防御、生前に神仏に掛けていた願のほどきなど、(⇒)2021/08/04

眉毛ごもら

2
お餅食べたい。となるほど葬送習俗にはお餅がつきものだったようで記述がたくさんありますた。土葬が多かった時代の風俗では今ではなくなっているであろう記録がたくさんある。昭和十二年出版だがこれらも明治に入ってからは大分変わっているとのことで時代の流れは早い。葬式自体にあまり縁がないが忌引休暇などはだいたい諸手続きに翻弄されるもんであり家族葬なども増えているので集落や近隣上げての葬儀などはなかなか見られない。自宅での葬儀すら珍しい。類似の習慣が南北に偏在したり独特で色々な方法で弔いをしたのだなと感慨深くなった。2021/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17951080

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。