河出文庫<br> 貧民の帝都

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
貧民の帝都

  • ウェブストアに27冊在庫がございます。(2021年08月04日 23時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418186
  • NDC分類 369.2
  • Cコード C0121

出版社内容情報

明治維新を迎えても東京は一大暗黒スラム街でもあった。そこに、渋沢栄一が中心に、東京養育院が創設される。その後の貧民たちは…。

内容説明

帝都の恥隠しか、福祉の柱か。維新直後・無政府状態の江戸市中は、こじきの都と化した。旧幕以来の弾左衛門、車善七配下の賎民組織も窮民救済に組み込まれた。身寄りのない子どもから老人たちの悲惨な実態を追い、資本主義の父・渋沢栄一がいかに貧民救済事業に尽力したか、今に続く苛酷な近代化政策の裏面史を描く。

目次

はじめに―大都市の宿命に抗して
序章 山手線の男
第1章 混乱と衰微の首都
第2章 困窮民を救え
第3章 さまよう養育院
第4章 帝都の最底辺
第5章 近現代の暗黒行政
最終章 小雨にふるえる路上生活者