河出文庫<br> JR高田馬場駅戸山口 (新装版)

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
JR高田馬場駅戸山口 (新装版)

  • 柳 美里【著】
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • 河出書房新社(2021/03発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年08月09日 23時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418025
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『JR上野駅公園口』と同じ「山手線シリーズ」の河出文庫『グッドバイ・ママ』の新装版。居場所のない一人の女に寄り添う傑作。

内容説明

夫は単身赴任中で、子どもと二人暮らしの母・ゆみ。幼稚園や自治会との確執、日々膨らむ夫への疑念、そして社会からの孤立。その思いは、「あの日」を境にエスカレートしてゆく。絶望の果てに「一人の女」がくだした決断とは…。居場所のないすべての人へ―全米図書賞受賞作『JR上野駅公園口』に並ぶ、「山手線シリーズ」の傑作。

著者等紹介

柳美里[ユウミリ]
1968年生まれ。高校中退後、東由多加率いる「東京キッドブラザース」に俳優として入団。87年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。93年『魚の祭』で岸田國士戯曲賞を受賞。97年『家族シネマ』で芥川賞を受賞。著書に『フルハウス』(泉鏡花文学賞、野間文芸新人賞)、『ゴールドラッシュ』(木山捷平文学賞)他多数。2018年4月、福島県南相馬市小高区にブックカフェ「フルハウス」をオープン。同年、「青春五月党」を復活させる。20年11月、『JR上野駅公園口』(「TOKYO UENO STATION」モーガン・ジャイルズ訳)で全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

401
いくつもの視点と語りを内包する小説である。まず「女は…」と客観体で物語を紡いでゆく第三者の視点。女との間に共通の像を結ぶことのない他者たちの声。女自身の一人称的な視点。その中に内在し戯画的に立ち現れる「忍者ハットリくん」。旧陸軍戸山学校に代表される「地の霊」。幼稚園年少組の一子ゆたかの安全を何よりも優先する「女」はこうした強迫観念と混沌の中にいてひたすらに深い孤独の中にある。「女」にはもはや向かうべき行き先がない。あるいは初めからすべてを喪失していたのであったか。絶望するべき望みさえもなかったのである。2021/08/24

starbro

231
柳 美里は、新作中心に読んでいる作家です。「山手線シリーズ」第三弾、本書はモンスターマザーが主人公のファンキーでアナーキーな怪作でした。しかし忍者ハットリくんと731部隊が登場するとは思いませんでした。 本日、仕事でJR高田馬場駅を通過しました(笑) https://web.kawade.co.jp/bunko/11254/2021/04/21

やいっち

83
本作の語り手は、意識高い系の主婦。旦那は単身赴任。浮気している(と彼女は睨んでる)。子供を私立の幼稚園に。が、食事の際、子供たちを正座させることを入園させてから知って愕然とする。  幼い子を正座させたら膝を悪くする。脚が格好悪なる、と主婦は思ってる。知ってたら入園させなかったのに。あとの祭りである。園に抗議する。専門家や医者らに意見を求め止めさせようとするが、神道系の園側も頑固で主婦に受け入れさせようとするばかり。嫌ならやめて、である。園側からしたら、主婦はクレイマーと受け止めているかもしれない。2021/04/30

fwhd8325

80
3.11後、主人公のような方はたくさんいたのだと思います。近くにいられたら困るけれど、山手線シリーズの中では一番わかりやすい作品だと思いました。だけど、もうこのシリーズはいいかなと思います。苦しいです。2022/07/13

優希

59
しんどかったです。社会からの疎外感、圧迫感がリアルで苦しくなりました。自分個人であれば自分で守れば良いのですが、子供がいると子供優先になってしまうのは当然のことと思います。心を閉ざすべきか、守るものを守るべきか難しいところですね。2022/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17571707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。