河出文庫<br> NOVA〈2021年夏号〉

個数:

河出文庫
NOVA〈2021年夏号〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月18日 06時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 429p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309417998
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

出版社内容情報

映画『オービタル・クリスマス』(堺三保監督)を池澤春菜が小説化! 新井素子、乾緑郎、酉島伝法 、野崎 まど他の新作を掲載。

内容説明

日本SF大賞受賞、芥川賞受賞作家から、初小説に挑む日本SF作家クラブ会長、日本ファンタジーノベル大賞受賞、ゲンロンSF新人賞・創元SF短編賞受賞の新鋭まで、10人が饗宴する日本SFの最前線。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そふぃあ

16
「機巧のイヴ番外編」が載っていたついでに、長い間積んだままだった機巧のイヴ2巻を読んで、3巻を買ってきた。最近、積読を引っ張り出すきっかけが多い。酉島伝法の掲載作品はいつもと趣を異にしていたがやっぱり面白くて好きだなと思った。『ゲド戦記』を観ながら読んでいたので、主人公の居る館の奇妙さ不可思議さの臨場感が倍増して楽しめた。2021/04/09

Aminadab

15
1年8か月ぶりの続刊。坂永雄一の蜘蛛SFが力作。蜘蛛という節足動物は昆虫とちがい体の仕組みが4億年前から全然変わらないのに吐き出す糸だけが進化してきた。その点で文化を生み出す人間と似ているのだという。野崎まど「欺瞞」はひどい(褒め言葉)。連れて行かれる着地点がどんなにひどいかは是非ご自分で読んで下さい。あと斧田小夜。近未来のチベットを舞台とする天才畸人女性技術者の旦那選びと子育てSF。中国社会の閉塞感の中で変なテクノロジーを武器に喧嘩腰で世渡りしていく感じが新鮮。現代中国は本当にSF向きの社会だと思う。2021/04/14

yhirose254

11
スペースオペラからSFに入った爺さまは必ずしも現代日本のSFと相性が良くない。それでも、ここでないどこか、今でないいつかに連れて行ってくれる小説は心地よい。『「会社で。何か悪いことが起こった時。本当に悪いのは、社長に決まっているんです。そういう、本当に最終的な責任をとる為に、社長って職種は、あるんですから」(p136)』『「開戦を決めた人と、戦場にくる人が、違う人だから、じゃないかな」(p79)』2021/06/05

ノベツ

9
ラスト4編が特に良いが、斧田小夜「おまえの知らなかった頃」が圧巻。これが新人だなんて。割と力業のお話だが、ハイテク、復讐、ファンタジー要素が相まって面白い。 長文感想↓ https://note.com/nobetsu/n/n5ed23565fc53 2021/07/23

臓物ちゃん

9
大森望をようやく日本SF作家クラブに入会させた豪腕会長・池澤春菜の宇宙SFをはじめ、「コンビニエンスなピアピア動画」「最後にして最初のアイドル」に連なる坂永雄一の本格蜘蛛SF、山本弘「地球から来た男」を彷彿とさせる酉島伝法の本格人間SF、さらにはやりやがったとしか言いようがない野崎まどの最新作など、旬のSF作家が好き放題に暴れまわったアンソロジー。新人・斧田小夜は初読みだけど、ベテランに引けを取らない麗しさと強みを持っていて素敵です。柞刈湯葉による身も蓋もない宇宙戦争が一番好きかな。オススメ。2021/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17311317

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。