河出文庫<br> JR品川駅高輪口 (新装版)

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
JR品川駅高輪口 (新装版)

  • 柳 美里【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 河出書房新社(2021/02発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月09日 22時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309417981
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

全米図書賞受賞作『JR上野駅公園口』と同じ「山手線シリーズ」『まちあわせ』の新装版。居場所のない少女の魂に寄り添う傑作。

内容説明

誰か私に、生と死の違いを教えて下さい―電車の中、携帯電話の画面を見つめる少女、市原百音・高校一年生。形だけの友人関係、形だけの家族。「死」に魅せられた少女は、21時12分品川駅発の電車に乗り、「約束の地」へ向かうのだが…。居場所のないすべての人へ―全米図書賞受賞作『JR上野駅公園口』に並ぶ、「山手線シリーズ」の傑作。

著者等紹介

柳美里[ユウミリ]
1968年生まれ。高校中退後、東由多加率いる「東京キッドブラザース」に俳優として入団。87年、演劇ユニット「青春五月党」を結成。93年『魚の祭』で岸田國士戯曲賞を受賞。97年『家族シネマ』で芥川賞を受賞。著書に『フルハウス』(泉鏡花文学賞、野間文芸新人賞)、『ゴールドラッシュ』(木山捷平文学賞)他多数。2018年4月、福島県南相馬市小高区にブックカフェ「フルハウス」をオープン。同年、「青春五月党」を復活させる。20年11月、『JR上野駅公園口』(「TOKYO UENO STATION」モーガン・ジャイルズ訳)で全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

262
柳 美里は、新作中心に読んでいる作家です。全米図書賞受賞の『JR上野駅公園口』が売れたので、それに肖って、旧作を改題して文庫化したのかと思いきや、単行本化&当初文庫化した時のタイトルが、当初原案『JR品川駅高輪口』と違うということの様です。また『JR上野駅公園口』が「山手線シリーズ」第五作で本書が第四作、シリーズ全体で五部作+番外篇の6作というのも意外でした。本書はタイトルや表紙からはあまり想像出来ない、居場所のない「一人の少女」の自殺願望物語の佳作でした。続いて、第二作の『J‌R高田馬場駅戸山口』へ。2021/03/22

ベイマックス

93
読みにくかった。電車内の見知らぬ乗客たちの会話・駅の案内アナウンスなどをこれでもかこれでもかと羅列している。内容は、自殺志願の女子高生がSNS上で自殺志願者をつのり自殺未遂をするって内容。◎『上野駅公園口』が売れている様子だったので図書館で借りてみたが、外れだったな。他のシリーズを読むかは未定。2021/09/01

fwhd8325

86
とても息苦しい物語でした。元のタイトルは「自殺の国」です。ネットを通じて、自殺する仲間を求める事件は、ある時期問題になりました。最近はあまり聞かれなくなったけれど、社会は相変わらずの世の中なので、今でも同じようなことは起きているんだと思います。そんなことを考えると、ラストの描き方には疑問を感じます。尤も、破滅させることがすべてではないからどこかに希望を見いだす必要があるのかもしれません。2022/07/07

優希

62
形だけの友情、形だけの家族。居場所はSNSの自殺希望掲示板。何ともモヤモヤさせられます。時折流れるJRのアナウンスで現実に引き戻される感覚を味わいました。2022/01/19

ちえ

49
自殺志願者を募るネットの書き込み、山手線のアナウンス、乗客の会話・・・。高校生の百音だけではなく、小学生の弟慧の追い詰められ様・・・。いろいろな子供たちのことが頭に浮かんできて言いようがなく苦しい。途中で休みながら読んだ。若者の自殺が多い日本という国、ニュースや統計ではない、心の一面を見せられた気持ち。重たい…。それでもこれがこの国の一つの現実。2021/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17388511

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。