河出文庫<br> トップナイフ

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
トップナイフ

  • 林 宏司【著】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • 河出書房新社(2019/12発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月13日 07時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309417264
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「コードブルー」など数々の医療ドラマ脚本を手がけた林宏司による初小説!ドラマ「トップナイフー天才脳外科医の条件ー」原作。

内容説明

「トップナイフ」とは医師の中でも超一流の技術を持つ者にのみ与えられる最高の称号。東都総合病院脳神経外科に集う凄腕医師たちのまとめ役・深山瑶子、「世界のクロイワ」黒岩健吾、「若き天才」西郡琢磨、頭でっかちの新人・小机幸子。不可思議な病を抱える患者と出会い、彼らの人生も変化していく―。脳外科医たちの苦悩と希望を描く、感動のヒューマンストーリー。ドラマ原作。

著者等紹介

林宏司[ハヤシコウジ]
脚本家。関西学院大学卒。出版社勤務を経て、2000年『涙をふいて』で脚本家デビュー。人気シリーズとなった医療もののテレビドラマのほか、数々の大ヒット作を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヤクモ

40
ドラマの原作本。人類に残された唯一の未開の地である"人間の脳"に直接手を入れ、改良を加える神をも恐れぬ傲慢な職業、それが脳外科医。その中でも遥かなる高みを目指すもの、それが"トップナイフ"と呼ばれる。東都総合病院脳外科医の深山瑶子、世界を股にかける黒岩、若き天才西郡、頭はいいが恋愛偏差値0の小机。脳の神秘を感じさせる数々の症例を抱える患者を前にそれぞれが抱える人生の悩みと向き合う医師たち。エピソード順や掘り下げはドラマの方が良かったと思う。ただ、どちらも黒岩と保のその後はもっと描いて欲しかった。2020/04/04

もも

21
ドラマを見ていて気になったので購入。4人の脳外科医の物語。ドラマとの違いもあり楽しめました。実はこういう医療系ってあんまり見たり読んだりしないんだけど、おもしろかった。深山、黒岩、西郡、小机。天才と呼ばれる彼らは様々な患者と出会い、悩みを抱えながらも前に進んでいく、、 その姿がとてもかっこよかったです。最近別の本を読んだ時にも似たような書いた気がするけど、人生いろいろだな、と。案外普通の悩みを持つ天才たちを見て、こんな生き方もあるんだな、なんてことを考えてました。原作も面白かったし、ドラマを見るのが楽しみ2020/02/04

shi-

20
ドラマが始まる前に。 脳外科の話しなので、もっと、ダークで緊迫したストーリーかと思っていたが違った。 凄い先生たちだけど、普通に何でもないことに悩み、そんな中で極限の戦いをしているんだ、と。 脳…繊細で怖いなぁ2020/01/09

NAOAMI

19
高難度のオペをこなす凄腕脳外科医達の物語。視点人物毎に四篇が連なる。脳の障害が引き起こす様々な症状、幻覚が生じるだけじゃなく、論理的に解っているのにそれを脳が否定できない事例が各篇でドラマを生む。氷の女・世界のクロサワ・若き天才、最高レベルを目指すしか脳がない女研修医。技術は最高なのに自分の家族や恋愛については「偏差値ゼロ」極端だが天才にありがちなセオリーでもある。彼らにすれば心の動きも感情そして恋愛すら脳内完結の事象に過ぎない。だが脳だけじゃ計れない心に揺さぶられ成長していく。医療ドラマ<心を紐解く話。2020/04/12

ショコラテ

15
ドラマ未視聴。脳外科医の話なので、深刻なのかなと思いきや、軽くてするする読める。1章ずつ4人の脳外科医が語るスタイル。患者よりも、患者と接することによって変わっていく医師が中心。男性医師の黒岩・西郡がコンプレックスの裏返しというか、克服のために医者になったのが印象的。この二人の章が好きだったな。それぞれの意外な面が描かれていて。気になっている『コタールシンドローム』が症例で出てきたが、サラッと無難に流した感じ。新人外科医が世界的な脳外科医に馴れ馴れしい口を利いたり、リアリティはイマイチだが、読後感は爽やか2020/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14837706

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。