河出文庫<br> 文豪のきもの

個数:

河出文庫
文豪のきもの

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月18日 07時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 200p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309417240
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0195

出版社内容情報

文豪たちは作品でいかにきものを描き、また自身は何を着ていたか。樋口一葉、永井荷風、谷崎潤一郎、夏目漱石などのきもの愛を探る。

内容説明

文豪たちのきもの愛があふれだす!樋口一葉、永井荷風、谷崎潤一郎、夏目漱石、川端康成、尾崎紅葉、宇野千代、久保田万太郎…明治・大正・昭和の文学史に名を残す作家たちは、作品のなかでどのようにきものを描き、また自身は何を着ていたのか。生涯、きもの美を追究し、二〇一六年に逝去した著者による、唯一無二のエッセイ。

目次

樋口一葉―一節流れるきものへの執着
田村俊子―妖しさと華麗さと
永井荷風―“時世粧”の女たち
谷崎潤一郎―王朝のみやびを求めて
舟橋聖一―唯美と官能
立原正秋―紬の強さ、愛の強さ
川端康成―「あはれな日本の美しさ」
久保田万太郎―下町の前掛党
宇野千代―男も大切、きものも大切
宇野浩二・近松秋江―作家とモデル
長谷川時雨―きものに託した女の運命
岡本かの子―きものは人を表す
夏目漱石―文豪の意外な姿
幸田文―血縁のなせる業
尾崎紅葉―装い変われば女も変わる
円地文子―さりげなく、やさしく
吉屋信子―すがすがしき少女
中里恒子―誰に見せる為でもなく

著者等紹介

近藤富枝[コンドウトミエ]
1922年、東京生まれ。作家。東京女子大学卒業。旧文部省、NHK、武蔵野女子大学などに勤務。2016年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さつき

72
樋口一葉、舟橋聖一、宇野千代など着物好きの並み居る作家達が描いたその美しさや、作家自身がどんな着物を愛したかをひたすら語るエッセイ。着物や着物を着る上で誂える周辺の小物の用語が難しくて、いちいち調べながら読んだので時間はかかりました。著者の丁寧な解説のおかげで、豪華な装い、さりげないお洒落など現代ではなかなか触れる機会のない着物の美しさを堪能しました。着物を皆んなが日常で着ていた時代はもはや遠く、昔の人の常識が全く分からない自分が少し悲しくなりました。2020/03/27

rico

70
綸子、袷、お召し・・・美しくゆかしいきものに関する言葉。自慢じゃないが、七五三を除けばまともに着物を着たことがない私は、字面と響きだけできものの美を想像するしかない。それでもこよなくきものを愛した筆者に導かれ、きものを鍵に、文豪たちの生涯と作品を読み解くというこの趣向、きものがどれだけ文学を豊かにしたか、驚きの連続。堪能しました。中でも印象的だったのは、細雪のモデルになった女性たちの写真、白黒なのに絢爛豪華。或るいはきりっときものを着こなした作家たちの美しさ。深いなあ。カバー絵もステキです。 2020/06/21

ちびあんすも

15
表紙がマツオヒロミさーん♥️というミーハーな気持ちで手に取りました。取り上げられている文豪の作品にも興味津々。近松秋江の「別れたる~」読んだのに、着物に関する描写とか全然気づかなかった…自分のレビュー見たら酷いもんだ( ºωº ;) 筆者が作家に会った話なども書かれていて、身近に感じて楽しい。これからは着物に関するところに注目して作品を読みたいと反省。着物の知識があったらより楽しめると思います。2021/09/06

ふう

13
とにかく知らないことが多すぎた。最後の中里恒子さんの章で、仕立ての良さこそ着物の良さ、気品につながるとあり、着続けても袋が出ない、剣先の角度の良さ、袘(衣へんに比)の形のよろしさなどが挙げられて、そうそう、そうなの、と我が意を得た気がした。幸田文で取り上げられた作品はどれも懐かしく、『きもの』のるつ子の感覚が思い出されて初読の感動が甦った。お召はもともと女もの? 日本橋の大彦? 調べるとほとんど迷路に迷い込んだかのよう。色なのか植物の柄なのか調べてもわからないところもあって、楽しくて奥深い世界を垣間見た。2021/09/13

okame

9
マツオヒロミさんの表紙で手に取った本。明治〜昭和時代の著名な作家の作品に出てくる着物を近藤さんが解説。着物が普段着だった時代に生まれ、慣れ親しんだ人が見るとそんな風に読み取れるんだとなんだか新鮮でした。時代によって着方も変わるし、着物の生地や合わせ方によって、その人の育ちもわかってしまう。恥ずかしながら、文中に出てくる着物用語がまず何を指しているのか、どんな素材、柄なのか、普段使いか正装なのか等、全くわからず初めて知ることばかりでした。着物の知識があったら、いろんな作品をもっと深く読み解くことができそう。2020/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14849213

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。